夢と現実いったりきたり

phenomenon

見たものの感想 思ったことなど

舞台「Take me out 2018」感想

3月30日@青山DDDクロスシアター

 

www.takemeout-stage.com

 

男たちの魂と身体が燃え滾る、「ロッカールーム」。彼らにとってそこは、すべてをさらけ出せる楽園だった。ひとりのスター選手による、あの告白までは-。

黒人の母と白人の父を持つメジャーリーグのスター選手、ダレン・レミングは、敵チームにいる親友デイビー・バトルの言葉に感化され、ある日突然「ゲイ」であることを告白。それは、150 年に及ぶメジャーリーグの歴史を塗り替えるスキャンダルであった。しかしダレンが所属するエンパイアーズ内には軋轢が生じ、次第にチームは負けが込んでいく……。

そんなときに現れたのが、天才的だがどこか影のある投手、シェーン・マンギット。圧倒的な強さを誇る彼の魔球は、暗雲立ち込めるエンパイアーズに希望の光をもたらしたのだが-。

 

 

 Take me outの物語は、さまざまな視点から読むことができるのだと思う。肌の色、言語、宗教、性的指向、貧富、ぱっと挙げるだけでもこんなにたくさんの「問題」を孕んだ物語だから。だけど、私はこの物語を、あくまで「ぼくの神さま」の話として受け止めている。「神さま」というのは宗教的な意味合いではなくて(確かにTake me outは多分に宗教的というかキリスト教的な思想が重要な要素ではあるのだけど)、自分にとっての美しいもの、素敵なもの、信じられるもの、それらのことを指す。Take me outに登場するキャラクターたちにはそれぞれに「神さま」がある。デイビーにとってそれは文字通り神のことで、メイソンにとってそれはダレンだった。シェーンにとっては? おそらくそれは「投げること」だったのだけれど、彼はそれを選択したというよりも「それしか縋るものがなかった」のだろう、と思う。

 

 キッピーという男は、外国人選手の言葉を「喋れないけれども、何を言っているかなんとなくはわかる」と言って通訳のような役割を担っている。その訳というのは、合っていたり間違っていたりする。彼はシェーンの言葉をも「通訳」しようとして、そして失敗してしまった。そういう、物語全体を通して常に「理解者」たろうとすること、それがキッピーの美点でもあり、しかし同時に傲慢さでもある。と、いうのは、こうして他人を理解したようなふりをしている私に対する自戒でもある。

 

 

 さて、「Take me out」=連れてって、連れ出して、というタイトルについて考えたい。感想を書くにあたって、随分遠くなってしまった記憶を引っ張り出していたのだけれど、冒頭の舞台セットを思い起こすとき、どうしても牢獄のかたちをしてしまうのだ。観劇からもう2週間以上経っていて、印象でしかないから実際確認したら全然そんなことないのかもしれないけれど。

 

 メイソンが「野球は民主主義のメタファーだ」と熱く語っていた(違うのは「敗者」がきちんと描かれることだとも)ことも踏まえて、アメリカ社会の縮図みたいなエンパイアーズのロッカールームを、キッピーは「楽園」と呼んでいた。「俺たちは楽園を失った」と言っていた。だけど私にはあれを楽園だなんて思えなかったのだと思う。はっきりと言葉にはされていないけれど、明らかに何かが制限されているような、透明な檻のような、そんなものに見えていた。その檻があるのは、ロッカールームという場所にではない。ひとりひとりの、あるいは複数人が集まったときの、心の内にある。そこから「連れ出してほしい」と誰もが無意識に叫んでいて、だけどそれに気が付かなくて、檻を取っ払ったり抜け出したりする人がいると敵視してしまうのだと思う。

 

 ダレンはデイビーの一言をきっかけに檻から抜けようとしたけれど、思っていたよりそれが困難で、もがいていた。メイソンはダレンの存在をきっかけに檻を抜け出して、結果的にメイソンがダレンの「Take me out」を完成させたんじゃないかな。二人のハグは私がここ最近で目にしたものの中で最も美しいものだった。真っ暗な中、二人だけが照らされた世界を目の当たりにして、私は泣いた。

 

 役者の話もしておきたい! シャワーを浴びる章平さんの美しさは、彼が自身を「神」と豪語していても納得がいくほどの硬度があって素晴らしかった。玉置さんが素敵な役者さんだというのは改めて言うようなことではないかもしれないけど主張したいので言っておきます。メイちゃんはとーーーってもかわいい。陳内さんは造形が好みかつ美しすぎてガン見した。

 

 あとこれは本当に余談ですが、トイレに並んでいたら演出の藤田さんが通って行かれてめちゃくちゃ興奮しました。トイレの横が楽屋っぽくて、終演後にワッと盛り上がっている声も聞こえてきて「良いな~~」と思いました。2017年度の締めに相応しい素敵な演目でした!!!時間あれば絶対観に行ったほうがいいと思います。

 

 

 

 

おしらせ

 

 ブログの仕様を諸々変えました(だから何、というわけでもないのですが)。

 

 ※ グループにも一応表示されるよう、一時的にカテゴリー追加しています。

 

タイトル

 

旧:「夢と現実いったりきたり」⇒ 新:「phenomenon」

 

 

 

単純にタイトルが長くてデザインが崩れがちで面倒だったので変えました。

響きが好きな単語です。特に深い理由はありませんが、旧タイトルの由来だったふぇのたすの前身バンド名もそういえばphenomenonでした。

 

デザイン

お借りしたテーマをちょっといじっています。赤背景に黒文字というどんだけ読みづらいんだよというデザインですが、リーダー機能をご活用ください(他人まかせ)! くすんだ赤とグレーがかった黒の組み合わせが好きなのでこの色合いです。

 

テーマの仕様なのか、スマホからだと引用スターがつけられないようです。どうにかする方法が見つかればいいんですけど、見つかりそうにないので、引用スターをつけたい! という方はPCから見てください。

 

あとは、タイトル下にメニュー(「ABOUT」「CATEGORIES」「ARCHIVES」)を追加したので、スマホから見やすく……なったかな? ついでに、未来日付のエントリをABOUTとして使っていましたが、はてブロのaboutページを発見したのでそちらに変更しました。

 

他に細かい部分も変えてます。HTMLは中学生ぶりに触りました。HTMLとかCSSとか、勉強したらもっと色々面白いんだろうな~~と思うんですけど、必要ないと勉強する気が起きませんね。

 

今後もよろしくお願いします。

 

 

第2回 ジャニーズJr.への招待 ~引き続き少クラを見ている編~

 

 先日、このようなエントリを書きました。

 

tsukko10.hatenadiary.jp

 

 ひと月ほど経って、最近は自室にTVを導入した*1ことも手伝って、見事に録画した少クラばかり見ています。当たり前に同じパフォーマンスですが、毎度見ても新しい発見があるので、何度見ても飽きません。そんな感じなので、Jr.の子たちの名前もだいぶ覚えてきていて、ユニットを組んでいる子なら8割くらい顔と名前が一致してきました。色んな子がいますね。それと、Johnny's webに入会しました。これはどちらかというとSexy Zoneのために入ったので、Jr.に関してはそこまで活用していないのですが、阿部くんがすごく真面目そうだなということは分かりました。

 

 

2月放送分

 

 さて、2月放送分で最もリピートしているのは、SixTONESの「Battery」Princeの「You are my Princess」の2曲。次点がHi Hi B少年の「我 I Need You」

 

 

Battery/SixTONES

 

 松村北斗くんのお顔が弩級に好きだということは前にも書いたしそれはもちろん変わりないのですが、それを差し引いても、SixTONESのパフォーマンスがすごく好きだな~~ということに気が付きました。曲の力もあるでしょうけど、グループのカラーを出すパフォーマンスが皆すごく上手です。曲中ほとんどサングラスをしていて顔が見えない、というのは賛否ありそうだけど、ダンスでメンバーの個性がちゃんと出ているし、曲終わりの咥えサングラスが最高だからオールオッケーだと思います。北斗くんだけサングラスを喰らいに行っててやや面白いけど、体のしならせ方がセクシーで、流石です。それと、個人的には北斗くんが「Phenomena」と歌っていることが最高ポイントです。

 

 

You are my Princess/Prince

 

 これはもう岸くんが優勝。もともと、岸くん担当の人が身近にいるから、という理由で岸くんを見ていたのに、気が付いたら目が岸くんしか追わなくなっていました。前月の「Prince Princess」とは対照的に、フォーメーション移動が多いので見ていて楽しく、聴いていても楽しい。曲自体好きなのだけど、やっぱり岸くんのパフォーマンスが最高です。具体的にどこがいいのか列挙しようと思うと、一挙手一投足すべてを褒めないといけなくなるので割愛します。とにかく見てほしい! 後に岸くんが95年生まれで同級生、と知って「若い!」ってびっくりしてしまうくらい、魅せ方が上手い。この歳でここまで出来るなんて、岸くんは今後どうなってしまうの? パフォーマンス大魔神になるの?? デビューして(おめでとうございます)地上波の音楽番組に出た時、岸くんのパフォーマンスでファン1億人増えてくれないと納得いかないな……と大真面目に思う。バラエティ番組でも愛されそうな気がするし、老若男女から好感を持たれるアイドルになりそうな予感がします。

 

 

我 I Need You/Hi Hi B少年

 

 曲がまずめちゃくちゃカワイイ!!! JUMPの曲なんですね。こんなかわいい曲を、こんなにかわいい男の子たちが歌ったら、そりゃかわいいに決まってます。HiBに対しては、基本的にユニット全体のかわいさを愛でるスタンスをとっていますが、今は藤井くんと大昇と涼さまに興味津々です。

 

 藤井くんは全編しっかり“アイドルらしい”かわいさを見せてくれていて、最後の「♪全然解けない~」の手をブンブン振る時も全力で振ってて本当にかわいいです。B少年で最年長の彼が、恐らくものすごく意識的に“かわいい”を武器にしていることがとても素敵なことに思えて、藤井くんには絶対成功してほしいな、などと思いました。

 

 大昇のことは、そもそも単純に人間として興味があるのですが、それは今は置いておいて、細かい仕草がすごくかっこいいなあと思います。舞台中央からはける時にお手振りしてるのとか、「そのアピール方法があったか……!」と唸りました。お手振りに限らず、冒頭のパフォーマンスがすごく良かったです。

 

 で、涼さまですね。元々、東京B少年に興味を持ったのが先だったので、HiBのパフォーマンスは大抵B少年の方を見ていたのですが、この頃はHi Hi Jetの方にもすごく興味が出てきました。ところで5人になったそうですね。作間くん、めちゃくちゃ好きなタイプのお顔なので、今度の少クラが更に楽しみです。Hi Hiの中でも、涼さま、めっちゃ、かわいくないですか。特に表情。初見だとなんとなくクールキャラなのかなと思っていただけに、ギャップにグッときました。

 

 

 アイドルを好きになる基準

 

  元々、自分がアイドルを好きになる基準をビジュアルだと思っていたのですが、どうやらパフォーマンスを重視しているな、と気がついてきました。歌やダンスが好みじゃないと、どれだけ顔が好きでも推せないし、逆に顔がそこまで好みじゃなくても、パフォーマンスが好きだったら推したくなる。ダンスのことは詳しくないけど、体の使い方や表情の付け方が上手い子が好き。

 

 あとはやっぱり、カメラアピールが上手い子。先日観に行ったテニミュ比嘉のライブビューイングでも、赤也役の前田くんがカメラアピール上手で、駆け出しの舞台俳優には珍しくて良いな~~と思いました。カメラアピールが上手!って衝撃を受けたのは中島健人くんが最初で、カメラに対する目線や顔の残し方がすこぶる上手なんですよね。菊池風磨くんは健人くんとは違う方向だけどやっぱり撮られ方が上手。逆に、セクゾ内で一番下手なのは勝利くんなんじゃないかな……と思っています。でもこれはdisではなく、なんとなくそれが勝利くんらしくて安心します。

 

 Jr.で気になる子たち(特に北斗くんと岸くんのことですが)も、考えてみるとやっぱりカメラアピールが上手。カメラに抜かれる数秒の間に、視聴者をドキッとさせて、更にヒキでもその子を追ってしまうように仕向ける表情と仕草が出来るってかなりすごいことだよな、と思います。天性の嗅覚もあるだろうし、地道な研究と努力もあるだろうし、アイドルってすごいな……。確実に私には出来ない……(アイドルになる予定はない)。

 

 

余談

 という感じで、着実にJr.にはまってきています。本当に面白いなあ。今後、キンプリのデビューで色々勢力図も変わってくるだろうし、ライトファン的には“戦国時代”って呼ばれてたときの女子ドルを見ているような感じです。それから、これは完全に持論なのですが、テニミュ好きな人は大体少クラも楽しいと思う。少なくとも私は、見てるときの感覚が全く一緒です。「Keep on」とかテニミュの全体曲みたいだもん。

 

 

 

 

 

 

*1:引越しするので

ドラマ「QP」

ドラマ「QP」(2011)

あらすじ

拳を壊して志半ばでボクシングチャンピオンの夢を諦めた美咲元は、ある日、天狼会のボスの我妻涼に出会う。人並み外れたオーラを放つ涼に一目で憧れを抱いた元は、すぐさま天狼会のドアを叩く。そして、涼から世話役として紹介されたヒコを兄貴として慕うようになっていった。
そんな最中、この地域で幅を利かせている横溝組が涼の身辺を嗅ぎまわり始めていた。対立を深める横溝組と天狼会、そしてその様子をさぐる古岩組。均衡を保っていた3つの組が、徐々にバランスを崩していく…。
次第に明らかになる涼、トム、ジェリーの過去。夢や野望を実現させるためなら手段を選ばない者たちが見せる生き様。誰もがわかるものではない、修羅場を経験した者だけに結ばれる絆。窮地に立たされたとき、暴力の世界に身を投じた男達は何を選び、そしてどう生きるのか…。

http://www.ntv.co.jp/QP/

 

 感想

  以前フォロワーさんがおすすめされていた「QP」、「トドメの接吻」のスピンオフ「トドメのパラレル」を見るためにトライアル入会したhuluにあったので、見ました。ドメキスは今期割と本気で一番楽しんで見ているドラマなのですが、ドメパラを見るとより愛おしくなるので見ることをおすすめします。制作陣におもちゃにされる、もとい愛されている真剣佑があんなことやこんなことをするドラマなので。なぜか大抵ホラーノベルゲーのバッドエンド風に終わる。

 

 さて、この「QP」は、めちゃくちゃざっくり言うと、我妻涼(演:斎藤工)と元ボクサー・美咲元(演:林遣都)が出会ってから、我妻率いる天狼会が崩壊するまでの期間を描いた所謂ヤクザもののドラマです。正直前半の5話くらいまで流し見していたので「この人誰だっけ……」となることもしばしばだったのですが、多分ちゃんと見てたらわかると思うし、私みたいに不真面目に見ていたとしても5話過ぎたあたりからめちゃくちゃ面白く見れると思います。というのも、天狼会を始め、登場人物の思惑や過去がこのあたりから明らかになっていくからです。

 

 私が好きなのは天狼会の殺し屋・トム(演:金子ノブアキ)とジェリー(演:渡部豪太)の関係性。むしろ彼らを嫌いな人いるの???? ってなってるんだけどどうでしょうか。この二人、孤児院で出会って、色々あって二人で殺し屋として生きていくことを選んだ義兄弟(トムとジェリーは仮名)で、互いが互いに重いくらいの愛情を持っているんですね。彼らの夢は、稼いだお金で沖縄の丘を買って、二人だけで住むこと。「我妻に賭けたい」と思ったトムの気持ちは本心だったと思うけど、彼らにとって世界に必要で最優先なのは互いの存在で、最終的にはああいう形になってしまったのがしんどいなと思います。何度も繰り返し出てくる幼少期の二人の会話(「QP」は全体的に同じシーンが何度も繰り返されるけど)が、言い回しを含めてすごく好き。ジェリーは「自分が死んだらトムは泣くけど、そのあとは一人でも生きていける。自分は、泣きはしないけど後追いはするかもしれない(=一人では生きていけない)」ということを淡々とした調子で話すし、二人だけで沖縄に住む提案をするのも元々はジェリーだし、クールに見えてすごい重い(褒めてる)。多分、彼にとってトムは唯一の救いだったんじゃないかな、という話なんですけど。劇中、何度か「現在」の彼らと幼少期の彼らが重ねられる演出があって、トムとジェリーの二人の時間はあの頃から止まってるのかもしれないなと思いました。

 

 あまりにもトムとジェリーのことを好きになったので彼らのイメソン(嘘ではない)買いました。この曲に限らず、全体的に音楽のセンスがかっこいい。

Rabbit Foot

Rabbit Foot

  • Song Riders
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

 あとは情報屋・エイジくん(演:窪田正孝)、古岩組の若頭・蜂矢兼光(演:やべきょうすけ)も好き。エイジくんの出番って結構少なくて、ちゃんと出てくるのって5話と11話くらいなんだけど、もう言動がいちいち全部かわいい。ここで唐突に、私が選ぶエイジくんかわいいランキングを発表します。

 

  • 大きい灰皿の煙草を外に出して、そこに水をいれて飲むエイジくん。
  • トムに電話をかけるエイジくん。(敢えて文字に起こすと「もしもしぃ~~?♡トムさんですかぁ?♡エイジですぅ♡あぁ~んもうよかったぁ~~♡ちゃんと生きてたんすねぇ~~♡♡」)
  • 「諭吉……♡あっもうすっげー気持ちいい……♡」って言いながら札束に頬ずりするエイジくん。

 

 同率一位。エイジくん、基本的に「にゃはーん」って感じの顔をよくしてるし、灰皿で水を飲むシーンなんかもはや私に人間に見えてるだけで実は猫なのでは……とすら思うほど、猫っぽい。窪田くんのファンは多少無理してでも見た方がいいと思います。あ、蜂矢は純粋に私がめちゃくちゃ好きなタイプの男です。

 

 

 ストーリーとしては我妻はこの後も誰かを信じることなく、さらなる破滅へ向っていくんだろうな……という救いのなさを突きつけて終わってしまうので、誰か我妻の魂を救ってあげてほしいなって思う。彼は天下を獲るつもりなんだけど、いろいろヤンキー・ヤクザ映画やドラマを見ていく中で、てっぺん獲ったその先に一体何があるんだよ……という気持ちがどんどん強くなっています。だってみんな孤独になって破滅していくんだもん……。校内でナンバーワンになる!っていうストーリーだったらそうでもないんだけど、舞台が学校の外に移ると急にみんな破滅に向かってしまう気がする。大抵社会からドロップアウトしてしまった人たちが登場人物で、闘う手段が銃や刃物になって、死と裏切りが隣り合わせの世界だから仕方ないのかな。泣いちゃう……。なんかそういう意味でやっぱり美咲くんとみんなとの間には断絶があったんだよな~~。我妻が美咲くんを昔飼ってた犬に重ねる描写があったり、他のみんなも割と彼に優しかったけど、美咲くんみたいにきゅるきゅるしたお目目のかわいい男の子が、現実を知らずにぽやぽやヤクザの世界に憧れてきたら、そりゃみんな優しくしちゃうよねって。

 

 

 

 キャストも被ってるし、なんとなくソリッドな「HiGH&LOW」っぽさがあるから、ハイロー好きな人は「QP」も好きなんじゃないかな、っていう無責任なことを言っておきます。私は1話に鈴之助が出てたのもあいまって「ガチバン」シリーズを見たくなってきました。どこまで見たっけ……。

 

 

 

それでも生きていく、ということ/Dステ「アメリカ」

 

 

作・演出に小劇場界を代表する劇作家、THE SHAMPOO HAT赤堀雅秋氏を迎え、赤堀氏の代表作「アメリカ」に挑戦。脚本に大胆な改訂を加え、登場人物も増え、まさに2010年のD-BOYS STAGEのための「アメリカ」となった。演劇の聖地、本多劇場紀伊國屋ホールでの初の公演、また大阪以外の名古屋、新潟での公演も初めてであった。
築30年ほどのボロアパートの一室を舞台にした過去と現在の物語。劇団の公演を目前に控えた弟の部屋には、いつものように仲間が集まっていた。台本の執筆は一行に進まず、息詰まる空気を打ち破る事ができない。一方現在、兄は弟が姿を消したその部屋に遺品整理のために訪れていた。兄と弟…隔てられた2人の気持ちが交差することはあるのだろうか?

 

 

 「TRUMP」と「淋しいマグネット」を見た後、次何見ようかなと思ってたところに「好きだと思う」ってすすめてもらった「アメリカ」。当たり前に好きでした。

 

 私は映像で見たから余計にだけど、この作品は、稔に手向けられた花束から始まる。真赤な情景とパッヘルベルのカノンも印象的。これらはラストシーンとも共通している。あの真赤な情景に、夕陽の光という表現は似つかわしくない気がする。あれこそ「赤光」だ、と感じた。ちゃんと読んだことはないけど、斎藤茂吉の『赤光』という詩集があって、どうやらこの赤い光は狂人の精神状態と結びついているらしい、と、芥川の『歯車』を読んだとき耳にした。「アメリカ」の人たちは、みんな少しずつ不自然で、でもそこから目を背けていて、息苦しい。あからさまな狂人がいるわけではないけれど、どこかにしこりがある人たちばかりだった。

 

 中でも一番、「歪み」があるなあと感じたのは、荒木さん演じる清。弟が死んでも、涙一つ見せず、平気なふりをしている。本心を誤魔化しているところも、困った時に浮べる作り笑いも、上司からの電話に不自然なほど笑い声をあげるのも、なんか痛々しくて、後輩が「頭にくる」って言うのも仕方がないと思う。離婚したばかりで、鬱病を患ってて、潔癖症っぽい。「あの人アッチ系じゃないよね?」って言われてたけど、私は割と真面目にそうなんじゃないかな、と思う。直観的なものでしかないけど、それがしっくりくる。隣人が「『仮面』の『仮』だよ!」と何度も言うけど、その言葉はいつも清に向けられていて、離婚した奥さんとは仮面夫婦だったのかなあ、とか考えてしまった。いつも平気なふりをしている=仮面をかぶっている清、という意味かもしれないし、それとも全く意味なんてないのかもしれないけど。

 

 このお芝居では、何かと印象的なものが多い。窓。時間。煙草。トイレ。だけどそのどれも、明確な意味は明かされない。登場人物のことも、「どうして?」と引っかかることがたくさんあるけれど、明かされないどころか一切触れられないまま終わっているものの方が多い。たとえば、森くんはどうして骨折しているのかとか、兄弟がどうして10年もの間会っていなかったのかとか、稔がどうして異常にトイレに行っていたのかとか。明かされない、というのが、あまりにもリアルすぎた。私なりに「納得のいく答え」を勝手に導き出してしまいそうになるけれど、人間と人間と人間の間に生まれるドラマって、そんな単純な謎解きなんかじゃない。因果関係ってもっともっと入り組んでいて、本人たちですらわからないくらい細かいことが少しずつ影響しあって織りなされるものなんだよな、と思った。

 

 ただ唯一わかることは、彼らみんながそれぞれに複雑な思いを抱えていて、それを口に出そうとはしないということ。出さない、というより、出せない、という方が正しいかもしれない。それは、口に出す勇気がなかったり、相手への遠慮だったり、はたまた自分自身でも気が付いていなかったりするからなんだろうなと思う。いくらバカなことをやっていても、彼らは既に子供じゃなかったから。いろんなもやもやや、許せないことや、悔しいことや、そういうものって解決しないことがほとんどで、でもそれでもなんとか毎日生きていかなきゃいけない。目を背けながら、口を噤みながら、だましだまし生きている人間たち。私は彼らを愛しく思う。

 

 だけどやっぱり、いつまでも向かい合うことを避けたままでは生きていかれなくて、それがラストシーンで描かれた兄弟の邂逅だったのかな、と思います。アメリカに旅立つ準備をする稔を見つけて、心底嬉しそうな顔をする清。子供のころのように、輪ゴムの銃で稔を狙う清。いくら命中させても声をかけても気が付かない稔に、これは自分の幻覚(もしくは夢)なのだと気が付いて崩れていく表情がとても素敵でした。本当に稔が銃に撃たれて死んだのだとしたら、「輪ゴムの銃」というのも切なくなるアイテムだな、と思う。果たしてラストの稔の表情は何に向けられたものだったのか、決して交わるはずのない二人の視線は交錯したのか? というのも人によるだろうけど、どちらにせよ、清が稔に対する未練から少し解放されたことを示しているんだと思った。鳴り響くカノンが、彼らの訣別をより際立たせているようだった。明るい話ではないけれど、カタルシスが得られた。これまでのすべての出来事がこのラストシーンのためにあったのだと言いたくなるくらい美しいラストだったと思う。大くんも荒木さんも良い演技をする人たちだなあ。

 

 単純な謎解きなんかじゃない、と思いつつも、「アメリカ」のお話についてはこれからも考えたいことが山ほどあるから、またいつかなにか書くかもしれません。いま一番考えたいのは森くんの存在です。彼の考えていることを知りたくて仕方がありません。とにもかくにも「アメリカ」、みんな見てくれの気持ちです。余談ですが、過去にジャニーズ主演で舞台の戯曲をドラマ化してた「演技者。」っていうシリーズでもこの「アメリカ」をやっていたそうで、今のジャニーズと今の演劇界がコラボして同じようなプロジェクトをやったらめちゃくちゃ面白そうだから何とかしてやってくれないかな~~。

 

 

 

 

 

 

 

花は咲くか?/Dステ「淋しいマグネット」Reds

www.youtube.com

 

 スコットランドの気鋭の劇作家ダクラス・マックスウェルによる珠玉の名作を、日本初上演した。 物語の舞台を日本に置き換え、全役ダブルキャスト、4バージョンで上演。 惹かれあい、傷つけあう4人の若者達の20年間を痛烈に描いた青春群像劇。

 

 

 最近はD-BOYSチャンネルやDVDなどでD-BOYSの舞台ばかり見ている気がします。タイトルからして好きそう! と思ったこの「淋しいマグネット」、大好きでした。

 

 色んなことを考えるけれど、とりあえずざっとした感想を。リューベンが初めて語って聞かせた『空の庭』では、最後に種が残る。その種が芽を出すのか否か、それはわからない。「淋しいマグネット」のラストシーンはこの『空の庭』をなぞったもので、あの後彼らの「種」が芽を出すかどうか、それは私にはわからない。そういう話だった。めちゃくちゃ余談になるけれど、この「種が芽を出すかわからない」というので、映画『青い春』の「先生、咲かない花もあるんじゃないですか?」という台詞を思い出した。ラストの彼らの涙を見ていたら、芽は出るもの、花は咲くもの、って信じたくなってくるけれど、彼らにとって芽が出ること、花が咲くこと、ってなんなんだろう。

 

 結末だけじゃなくて、このお話全体として「わからないこと」ばかりで、いろいろ考えてこうかな、って思うことはあるけれど、確実に「こうだ」と言い切るには不確かすぎる。それは、お話の核になっているリューベンの存在について、私たち観客に与えられる情報が少なすぎるからだと思う。リューベンは19歳で、(おそらく)自死する。しかも、私たちがこの目と耳でリューベンの存在を確認できるのは、9歳で他の3人に出会った時、そして19歳で意を決したように崖の上に立っている時だけ。後はすべて他の3人が語るリューベンの情報しか知り得ない。だからわからない。彼らの語るリューベンの姿は、どれも食い違っている。それは彼らがそれぞれ見て聞いて感じたそれぞれのリューベンだから、そのうちの全てが正しくて正しくないのだと思う。「事実」というのは人の数だけあって、それを正しいとか正しくないとか判断するのはナンセンスなんじゃないかなあ、というのを改めて感じた。だけど、彼らにとっての「事実」は何だったのか? っていうところにはきっとものすごく意味があって、私はそれをできるかぎり読み解いていきたいなと思って、鑑賞後に気づいたことをメモしていたらかなりの量になってしまった。また考えがまとまったらエントリを書けたらいいんだけど、いつになるかはわかりません。Blues見てからかも。

 

 キャラクターとしてはやっぱりトオルを愛しく思う。トオル自身がどう思ってたかはわからないけれど、彼のゴンゾへの執着は愛というか彼のことを好きだったんだろうなと思う。ああいう男が好きで好きでたまらないし、荒木さんのビジュアルも演技もすごく好きだからトオルを偏愛しています。19歳のビジュアル、狂おしいほど好き。

 

 作品としてすごく好きなので、どこかで再演してくれることを望むばかりです。誰にやってほしいかな。

 

 

お皿を割ってしまうなら、割れないお皿を買えばいい/映画『未成年だけどコドモじゃない』

misekodo.jp

 

 

何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平祐奈)が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは“結婚”!しかも、親の決めた結婚相手は、香琳の初恋の相手で学校イチのイケメン・鶴木尚(中島健人)だった!幸せな結婚生活を夢見る香琳…しかし、現実は甘くない!結婚した途端に、学校では決して見せない冷たい表情で尚が言い放った言葉。「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」この結婚は尚にとって、折山家の経済力を目的とした“愛のない”結婚だったのだ。しかも結婚していることは、学校では2人だけの秘密にしなければならない。“結婚したのに片想い”な香琳だが、尚への一途な想いと持ち前の天真爛漫な性格で、尚に好きになってもらえるよう慣れない家事や勉強にも果敢に挑戦していく。 そんなある日、絶対秘密の結婚が、香琳の幼馴染で同じ高校に通う超お金持ち・海老名五十鈴(知念侑李)に知られてしまう。香琳に想いを寄せている五十鈴は、尚に香琳と離婚するように迫る。果たして尚と香琳の結婚生活はどうなってしまうのか!?

 

感想

 

 最近D-BOYSのニコニコチャンネルで色々見ていまして、2、3作品ほど感想がたまっているんですけど、まずは早めにあげた方がよさそうなこちらから書きたいと思います。映画『未成年だけどコドモじゃない』、本当によかったので見てください(公開からかなり経ってるから役者のファンは既に見てるだろうけど)。

 

 正直、宣伝の感じからトンチキ映画を予想して観に行きました。役者を綺麗に撮ってくれて、それでちょっと笑えればいいかなぐらいの期待値だった。でも全然違くて、真面目~~~~~にいい映画だった。真面目な話、『みせコド』は、全てを肯定する香琳によって、尚先輩の呪いが解かれる……という、魂の救済の話だったんですよ。これは本当に宣伝詐欺って言っていいと思う。だってこれ、香琳が主人公だと思わせておいて、本当の主人公は尚先輩の方じゃないですか。

 

 尚先輩は、1000万の借金を残して消えた父親似の顔のせいで、母親から存在を否定され続けて育ってきました。それにより、彼自身も自分の存在を否定的にしか見れなくなっています。母親からかけられた、そして自分でかけた呪い。香琳が言っていたように、彼はなんでもできる人です。だけどその「なんでもできる」っていうのが、もし何とかして母親に認められたいって気持ちからきた努力の結果だとしたら、ものすごく痛ましい。香琳と結婚するのだって1000万の借金を肩代わりしてもらう+折山グループの跡取りになるためで、これも母親のためじゃないかと思うとなんだかなあと思う。しかも、尚先輩は否定され続けた大嫌いな自分の顔を利用してるんですよね。

 

 一方、香琳はひとりじゃ「なんにもできない」子でした。朝の支度も寝てる間に終わってる(あれ本当にうらやましい)。でも、香琳は両親や周囲の人々から存在を祝福され続けてきました。そんな香琳は、何に対しても肯定的な見方しかしません。というか、できません。それ以外知らないからです。彼女の存在こそがこの『みせコド』を特別なものにしている要因だと思います。『みせコド』の設定って少女漫画の王道が満載なんですけど(高校生で秘密の結婚、共同生活、最悪な第一印象、ヒロインを一途に想う幼馴染、元カノからのゆさぶり……とか)、香琳の存在が無二すぎてそれら全部が意味をなさなくなってるんです。たとえば、元カノから「あいつは借金を抱えてる、金目当てだ、顔につられただけならやめといた方がいい」って忠告されたら普通一回悩んでから乗り越えていくし、上手くいってない時に自分を一図に想ってくれてる幼馴染からプロポーズされたらちょっと迷いが出てなんなら一回付き合ってみるってなるところじゃないですか。でも、そこで「尚先輩のところにはお金が足りなくて、私のところにはお金が余ってるんだから、お金があるところからないところに移動させたらいいんじゃない?」「金目当てと顔目当て、ちょうどいい!」って言葉が自然と出てくるのが香琳*1。プロポーズに返事すらしないのが香琳。彼女は最後まで自分の感情に迷いがないっていうのに、宣伝ではまるで先輩と幼馴染の間で揺れるわがままな女みたいな印象にされてたのが本当に許せない。香琳をナメないでもらいたい。香琳の考え方全体的にすごく好きなんだけど、「割れないお皿を買えばいい」っていうのが特に好き。お皿がこの映画ポイントポイントで出てくる気がするんだけど(香琳が癇癪起こして割る、元カノが落とす、尚先輩の母親が割る)、お皿=人間関係の暗喩なんじゃないかな。普通、落としたり叩きつけたりしたら割れてしまうものだって諦めちゃうけど、香琳はそこを「割れない皿を買う」って方法で回避しちゃう。コロンブスの卵みたいなものじゃないですか?

 

 お気づきかと思いますけど、私はめちゃくちゃ香琳のことが好きです。とはいえ、最初の方は香琳のことを好きになれるかすごく不安でした。共同生活を始めた当初の彼女の行動にイラッとして、なんなんだ? と思ったし、最後までこの感じだとキツイな~~と思ってたけど、香琳はただ「知らない」だけなんだな、って気づいて仕方ないか……って許す気持ちになれて。元カノに持論展開して「バカなの?」って絶句されてるときには思わず笑ってしまったし、あ、これだんだん香琳のこと好きになってるな、って気づいて、よくよく考えたらこの香琳への感情の移り変わりが、尚先輩と合致してるんですよ。尚先輩が主人公だ! って初めに書いたけど、これって私が尚先輩と同じ視点で香琳を好きになっていってるからそう感じたんじゃないかな。二度目の結婚式で、尚先輩が香琳を「最高の女性」って表現するのも完全に同意だし。最後の方の香琳のビジュアルとか完全に聖母だったし。香琳の本質って最初から変わってないし、実は彼女自身が何か特別なことをしてるわけでもないんですよね*2。ずっと素直な気持ちを貫いているだけ。だけどそんな香琳が、尚先輩の気持ちをやさしくさせて、結果的に呪いから解いてしまった。香琳が壁をこえて尚先輩の方に飛び込んでいく姿が、その時香琳側から注がれる光が、二人の関係性を的確に表していて綺麗でした。

 

 リンリンのことも色々考えるけど、あれは元から覚悟を試すために言ったんですよね。リンリンは香琳が何を選択するかなんてわかりきってたし、そういう香琳を好きだった。わかった上で発破をかけつつ、香琳が自分に靡いてくれたら……って万が一の期待も見せてるのがちょっとかわいかった。リンリンの家ってどう見ても極道だし、彼もまあ色々過去にあるんじゃないかな~~。リンリンも過去に香琳に救われているのかもしれません。余談だけど鏑木とリンリンが仲良いのかわいい。

 

細かい部分では、

  • シルビアさんの歌が聴ける
  • 「テスト」「テスト?」「テスト」「テスト」「…テイラースウィフト」「友達だよ?」「すごいね…」のくだり
  • 香琳の「尚先輩のうそつき」って台詞は、鐘を鳴らした時の「一緒にいれたらいいな」だけじゃなくて「電気が止められた」ってことにもかかってる

のが良かったな〜と思います。

 

 なんかもうしっちゃかめっちゃかですけど、とにかく私が『みせコド』をめっちゃ楽しんで見たんだぞ! ということを上演中に残しておきたかった。尚先輩と香琳の関係性を踏まえて主題歌の「僕らはきっとただ幸せになるため生まれてきた」っていうのを聴くとだいぶグッとくる。尚先輩の魂が救済されて本当に良かったです。まだ見てない人は見たほうがいいと思う。上演ももう残り少ないけど……。

 

 

*1:最後まで香琳がこの「金/顔目当て」っていうのを一切否定しなかったのが本当に良かったです

*2:もちろん生活能力が身についたりはしたけど