夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

再演したら観たい/観てほしい作品

お題「再演したら観たい/観てほしい作品」

 

 まず自分が書きたいし、他の人のゴリ押し作品も知りたい……と思ったので、こんなお題を作成してみました。ご自由にお使いください。ていうか、書いてほしい

 

 

 

再演したら観たい作品

フランケンシュタイン(2017)

www.tohostage.com

 

ストーリー

19世紀ヨーロッパ。科学者ビクター・フランケンシュタインは戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、ビクターに復讐を誓うのだった…。

 

コメント

 元は韓国ミュージカルで、今年初来日した『フランケンシュタイン』。上演時にも結構感想が回ってきたりして、面白そうだな~~と思いつつスルーしてました。フランケンシュタインの亡霊(ほめてます)がタイムラインにいて、私もだんだんめちゃめちゃ観たくなってきまして……というかなんで観なかったの!? 絶対好き……じゃない? わかんないけど……。まず面子が強いと思う。再演されるんじゃないかな~~と思うんだけど、まだ初演から半年なのでどちらにせよ長い間おあずけになりそうです。

 

 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2004,2005,2007,2008,2009,2012)

 

www.hedwig2017.jp

 

ストーリー

愛と自由を手に入れるため性転換手術を受けたものの、手術の失敗によって股間に「アングリーインチ(怒りの1インチ)」が残ってしまった、男でもあり女でもあると同時にそのどちらでもないロックシンガー、ヘドウィグ。

幾多の出会いと別れを経験し、傷つき倒れそうになりながらも己の存在理由を問い続け、「愛」を叫び求める姿を描いた本作は、ブロードウェイをはじめ世界各国で公演され、熱狂的な支持を受けた傑作ロック・ミュージカル!!!

 

コメント 

 めっちゃ上演されてる!!! 人気あったんだろうなあ……。2012年の後だいぶ空いているのでそろそろ再演ないでしょうか? 今年秋にはオリジナルキャストが来日するそうです(公式サイトが2017年版しかありませんでした……)。観たい。映画版も観たことがないのでまずそちらから始めてみようかな? 「ヘドヘッド」と呼ばれる熱狂的ファンがついているということで、めちゃくちゃ好きになるかからきし駄目かのどっちかだろうなあ……。高確率で好きだと思うんですけど……!

 

露出狂(2010,2012,2016)

www.parco-play.com

 

ストーリー

高天原高校サッカー部に入部した〈佐反町〉〈白峰〉〈比留〉の3人はその圧倒的な実力が災いし、入部早々先輩たちと対立する。
同じ1年生の〈御器〉も含めた4人は、退部を掛けて上級生と真剣試合した結果、あっさり勝利をおさめてしまう。高天原高校サッカー部は1年生4人だけで再スタートを切ることになった。
とにかく、勝ちたい。
とにかく、勝てるだけ勝ちたい。
勝つために必要なのは最高のチームワークだと悟った彼らは、驚異的なまでの結束力を築く。
わずか3年で強豪校として全国に名を馳せるまでになった高天原高校サッカー部の掟とは?
個人の能力とチームの結束力を飛躍的に伸ばした秘訣とは?
部活という閉塞的社会で巻き起こる男同士のプライドを賭けた泥試合!!

 

コメント

 これは2016年版をまわりの人たちが観に行っていた記憶があります。チームが3つあってキャストが大勢いたので、若い才能発掘としても面白そうだな……と思ってみていました。ただ、実は一番気になるのが2010年のオリジナル、女子校版。あらすじや人の感想を読んでる感じでは、なんとなーくその方が私の中でしっくりくる気がする(気がするだけだけど)。もし再演やるなら女子校版と男子校版両方一緒にやってくれないかな!?(マジで?)再来年あたりやりません?

 

 Being at home with Claude-クロードと一緒にー(2014,2015,2016)

www.zuu24.com

 

ストーリー

 1967年 カナダ・モントリオール。裁判長の執務室。
 殺人事件の自首をしてきた「彼」は、苛立ちながら刑事の質問に、面倒くさそうに答えている。男娼を生業としている少年=「彼」に対し、明らかに軽蔑した態度で取り調べを行う刑事。部屋の外には大勢のマスコミ。
 被害者は、少年と肉体関係があった大学生。
 インテリと思われる被害者が、なぜ、こんな安っぽい男娼を家に出入りさせていたか判らない、などと口汚く罵る刑事は、取り調べ時間の長さに対して、十分な調書を作れていない状況に苛立ちを隠せずにいる。
 殺害後の足取りの確認に始まり、どのように二人が出会ったか、どのように被害者の部屋を訪れていたのか、不貞腐れた言動でいながらも包み隠さず告白していた「彼」が、言葉を濁すのが、殺害の動機。
 順調だったという二人の関係を、なぜ「彼」は殺害という形でENDにしたのか。
 密室を舞台に、「彼」と刑事の濃厚な会話から紡ぎ出される「真実」とは。

 

コメント

 これは2019年に再演予定だそうで、絶対観に行きたい。2016年版は「Lecture-Spectacle」という形式だったけれど、2019年版はどうなるんでしょう。2015年、2016年と「彼」を演じた松田凌くんはもう出ないんだろうなとなんとなく思ってる(めっちゃ観たいわ)。これ観てたら次「彼」をやるのが誰なのか予想する楽しみもあったのにな~~。

 ところで私はこのあらすじを読むと完全に映画「46億年の恋」がリマインドされます。実際観たら全然違うのかもしれないけど。「46億年の恋」も舞台にならないかな?なったら全力で観るので、どこかの演劇界の人、お願いします。

 

aooaao.hatenablog.com

 

 このキャスティングに異議なしです。“特定のオタク”なのでWキャストだとより一層喜びます。余談でした。

 

1789-バスティーユの恋人たち-(2015,2016)

www.tohostage.com

 

ストーリー

パリに咲き、バスティーユに散った美しき愛の物語。

民衆は貧困にあえぎ、貴族は贅沢に溺れる18世紀末のフランス―。
農夫ロナンは父を貴族に殺害されたことをきっかけに、
パリへ飛び出し、革命派に身を投じる。
デムーラン、ロベスピエール、ダントンら熱き仲間を得て、新しい時代に希望を燃やす。

一方、宮廷に仕える心優しき侍女・オランプは
マリー・アントワネットとフェルゼン伯の逢瀬を手引きしてパリにやってくる。
マリー・アントワネットをつけ狙う一味との騒動に巻き込まれたロナンは
オランプと運命の出逢いを果たす。

決して出逢う筈のなかった二人は強く惹かれ合うも、対立する身分が壁となる。
そして、愛に悩む彼らの心を揺さぶるかのように革命の足音が近づいてくる…。

1789年7月14日、バスティーユ牢獄襲撃。
遂に革命の火蓋が切って落とされる―。

 

コメント

 みんな1789のこと、好きすぎじゃない? 私のまわりだけでしょうか。私は革命とか(ふわっとしてるな)結構好きなので、たぶん好きだと思うんですが、「愛の物語」ということで……愛がわからないことが多いので……そこが不安です。愛を知らないモンスターなのか? 2018年4・5月に再演予定なので、私の帝劇デビューになるかもしれません。マリー・アントワネット役に、中学生のころの私が惚れたルキーニ役・龍真咲さん*1がいらっしゃるので……絶対観たい……。

 

ラディアント・ベイビー(2016)

twitter.com

※ 公式HPが見れなくなってるので公式Twitterのリンク

 

コメント

 これ、大阪公演が中止になってしまったんですよね。ご本人たちも再演したい、とおっしゃっている*2し、絶対どこかで再演あるぞと思ってるのですが……!

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 めちゃくちゃ観たいけど情報があまりないのでプロモーションやゲネプロの動画を延々再生してます。平間くんかわいいな……。

 

 

再演されたら観てほしい作品

 

ファントム(2004,2006,2008,2010,2011,2014)

 

kageki.hankyu.co.jp

 

コメント

 ご存知「オペラ座の怪人」を基にしたミュージカル。有名なロイド・ウェバー版とは異なります。2011年花組版のHPを貼ったんですけど、私が観たことあるのは2004年宙組版のDVD。宝塚でもそうでなくても良いので再演してほしい。いかにエリックがかわいそうでキャリエールがクソかっていうことを分かち合いたい。その一心です。なんとなく、ファントムを太田のもっくんに演じてほしいな~~とも思っています。ファントムって見た人が叫び声をあげるような恐ろしい顔をしているわけですけど、ただの醜男ではなく、「爛れた美しい顔」ってイメージがある。ビジュアル面で満点。それからエリックみたいな役が得意そうだなと思うので。ネックは歌唱力かな……。決して下手だとは思ってないけど、ファントムって歌がヤバうま設定だから……。絶対観たいからどうにか実現されたい。

 

ロミオ&ジュリエット(2010,2011,2012,2013,2017)

 

www.umegei.com

 

コメント

 出、出~~~~~~!!!!!!! お前それが言いたかっただけだろ案件(その通りです)。もはや言うことがない。みんな観て。そしてヴェローナを心のふるさとにしましょう!


tsukko10.hatenadiary.jp

 

 再演するなら誰に演じてほしいか、という話もここでちょこっと触れているんですけど、ロミジュリは「こっからだぞ!」って若手をバンバン起用してほしい。人生前のめり、生き急いでるぞ、くらいの。小池先生お願いしますよ。

 

 

 

まとめ

 かけ足になりましたが(そしてどんどん雑になっていきましたが)、現時点で観たい/観てほしいラインナップはこれかなあ。完全にまわりの人たちの影響を受けたラインナップなので、劇場アンケートに「どこから作品を知りましたか?」って質問があったら「フォロワーから」って答えますね。

 

 おすすめされたらすぐに観たくなっちゃうタイプなので、みなみなさまからのおすすめプレゼンをお待ちしております。