夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

テニミュ3rd氷帝大千秋楽(ライビュ)の感想

 2016年9月25日(日)@MOVIX京都

 

www.tennimu.com

 

夏が

 終わってしまいました。青学8代目は、私が初めて生で観た青学キャストになります。私にとっての「初めて」である彼らの卒業、というのは、なんというか、不思議な感覚です。2ndシーズンは映像で観たけど、それは既に知っている役者を観るときの感覚でした。青学、といってまず思い浮かぶのは古田リョーマであり、財木手塚部長であり……8代目の子たちのことなのです(くどいようですが、私にとって、の話です)。とは言っても、私は山吹からの新参者で、別に公演数入ってるわけでもない。ずっとテニミュを駆け抜けてきた彼らや、そんな彼らを見守ってきた人たちとは熱量が違っている。だから、今回の「卒業」に対するエモーショナルな気持ちを共有するのは難しいだろうな、と思っていました。つまり「泣けないだろうな」と(三浦跡部が好き、というのもあった)。そして実際、私は泣くことはありませんでした。ただ目頭はずっと熱かった。とても悔しかった。泣けなかったことが。仕方がないのはわかっているけれど、彼らをもっと前から、ちゃんと応援してあげたかった。彼らの卒業を、同じ気持ちで見送ってあげたかった。テニミュを追っている人の気持ちはこういうことなのかしら、などと、おこがましくも少しわかった気になっています。

 

三浦跡部(ディズニー作画)

 さて、長い前置きになりました。エモい感想は他の人に任せることにして、覚えていることをつらつらと書いていこうと思います。まずは三浦跡部について。3rdを観ていて特定のキャラ・役者にはまるつもりはなかったのですが、完全に三浦跡部……みうべさまに落ちてしまいました(数日前につむ鴨で青木玄徳氏をめちゃくちゃ好きになってしまった*1のを踏まえると、私は跡部役の役者を好きになる十字架を背負っているのではないでしょうか)。もう本当に、跡部さま、全国を抱いてました。全員抱かれてました。精神的に。跡部さまが映るたびに動悸がしたし、喋るたびに息がとまりました。特にシャカブン指南時にはちょっと心が抱かれすぎてリアルに「オ゛ェッ」って声出たし過呼吸になってた。死人が出ます! ライビュ後に鴨川に等間隔に座る人々を見て「あの人たち今日の氷帝戦観てへんの!? つまり跡部さまに抱かれてへんの!? かわいそう……」って素面で話してしまった程には、抱いてました。覇王です(ただし、三浦くんの写メを見て彼が十七歳なことを思い出して「本当にごめんなさい」という気持ち)。

 ところで「みうべさまの作画はディズニー」説を強く推していきたいです。アイシャドウの乗り具合、表情、眉と目の動き、歌い踊る姿、というかそもそもお顔がめちゃくちゃディズニーっぽい!*2 また、氷帝学園ホーンテッドマンション説も推しているんですが(門がキラキラ光る)、これはみうべさまがディズニー作画だからではないかとすら思います。みうべさまのよく動く眉毛は愛しい。そして首!(これもつむ鴨感想で少し触れましたが)私は首が動く人が好きなので、みうべさまが笑う時の小首をかしげるような仕草がとーーーーっても好きです。それから、みうべさま、所作が美しいんですよね。私はバレエを習っていて(まあただの習い事の域を出ませんが)、そこでいつも言われていたのが「指先までちゃんと神経を通す」こと。何を見るにつけても、指先までしっかり気を遣えているかいないかが気になってしまうんですが、みうべさまは指先まで完璧に美しくて見惚れてしまう。三浦くんがバレエ経験者(しかも全国レベルの)と知って納得しました。見た目はおぼこいのに、何倍も大きな存在に見えました。

 

S1

 他の人は結構気づいてたようですが、私は演出かと思ってました。「大阪でこんな演出あったかな?」とは思ったけど、手塚のシャツにどんどん滲んでいく血は何だか異様で、でもまさか本当に怪我してるなんて思わなかった……。カテコの挨拶で「まさか」となり、のちにツイッターで知りました。ハプニングや事故なんてない方がいいに決まってる、というのが前提ですが財木手塚は本当に美しかったです。大映しになったとき、「この人はこんなに顔が白かったかな」と思うくらいに真っ白な顔は悲壮で、でも気高くて美しかった。点を決めて、財木手塚の方を振り返りながら、振り絞るような声で手塚の名を呼んだみうべさまの姿も。血が出たとなると、映像化は難しいのかもしれないけれど、とにかくすごかった。でもやっぱり心配です、二人とも。

 

 

細かいこと

・乾海堂ペアの「一見単なる利害関係の一致と思わせておいて実はめちゃくちゃお互いを信頼している」関係性のセクシーさ

・乾のリストバンドが頭に当たった菊丸の演技がちらちら映り込むの笑ってしまった、その他も全体的にれお丸は落ち着きがない

越前リョーマとして歌ってるけど古田一紀の姿も重ねてしまう歌詞

・前アナ(山吹)の映像で森田くんの手が震えてるように見えた

・後アナ(氷帝)の映像も見たかった

・終演後の中継映像で跡部の「また試合やろうぜ」に無言で、でもじっと目を見つめる手塚(答えたくても答えられない)、二人の握手

・古田くん「おれは泣かない!」からの号泣

・開演前ライビュ映像でれおくんと涼星くんのエンドレスこんにちは(狂気)、「涼星の髪型に乱れが生じる」そして前日?泣いてたことをばらされるれおくん

・財木くんの挨拶、良いこと言ってるなあと思う反面、時事ネタぶっこんでくるのめっちゃ校長先生っぽい

・卒業ソングのあとにシャカブンの「どうしたんだよ めげてないでさ テニスしようよ」はダメだと思いました

・他校シャカブン一切やらない跡部さま

 

 

 

夏、終わってしまったなあ……。個人的に一番涙腺が刺激されたのはタカさんでした。

 

*1:

tsukko10.hatenadiary.jp

*2:参考:

www.youtube.com

だんだんエルサがみうべさまに見えてきた……