夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

『メサイア 外伝-極夜 Polar night-』をみました

messiah-project.com

 

 

劇団鹿殺し「無休電車」を観終わり、会場であるサンケイホールブリーゼから新快速に乗り、映画館へ向かった。途中大雨が降っていたが、京都ではすでに小雨でほっとした。傘を持っていなかったからである。

 

17:30、駅で友人Rと合流。映画は19時開始。まずは席を取ってから優雅に晩ご飯にしよう、とチケットカウンターに向かった。そしてカウンターで画面を二度見する。

 

メサイア 外伝-極夜 Polar night-」18:15上映……???

 

2人で「え!?18:15!?マジで!?!」とあたふたしていると、チケットカウンターのお兄さんが「そうですね、メサイアは……18時の回ですね」と教えてくれた。カウンターのお兄さんが「メサイア」と口にしたのにややウケしつつ、引き換えた。

 

このとき、時間は17:50。残された時間は25分(予告篇を含めれば30分)。数分前までは「晩ごはんどうする?お蕎麦とか中華とか~」と話していた我々は、決意した。フードコートのうどんしかない。

 

これは映画に間に合うようにうどんをすする2人の物語――

 

思ったより並んでいたせいで、うどんを手にしたのは18:05。 天ぷらは時間的に食べられないだろうと、具のないうどんにねぎと天かすをトッピングした。そしてひたすらすする。うどんをすする。途中、Rが「うちら、何と戦ってるんやろ」とポツリと漏らした。そして18:13ごろ、うどんを平らげ、3番シアターへと急ぐ。

 

3番シアターに足を踏み入れると、私たち以外に数組の観客がまばらに着席していた。自分たちの席に腰をおろし、ホッと胸をなでおろしたのも束の間、例のCMが流れ始めた。

 

youtu.be

 

家たちがバンドを組み、中央の少年がひたすらイエーーー!と叫ぶ(おそらく”家”とかけている)CM。京都の映画館では必ず流れる名物CMである。このCMに間に合った我々は、確かな勝利を確信した。(BGM:「モノクロの花」Blu-BiLLioN)

 

 

 まさか、時間間違えてるとは思いませんよね。そんなこんなで、なんとか上映に間に合った極夜を見てきました。今回もまた、整理がついておりません。一旦たたんでおきます。

 

 

  

ちょっと待ってほしい(結論)

映画を観た後って基本すぐ立ち上がってトイレに駆け込むタイプなんですけど、さすがにちょっと立ち上がれませんでしたよね。Rちゃんと少しの間沈黙して、「いやいやいや……」「ちょっと待ってほしい」と、思わずオタク女丸出しの会話をしてしまいました。ちょっと待ってほしいです。「いや~なんやかんやで死体水揚げして蘇生してチャーチで目覚めるっしょ」と余裕を見せてた私は割と本気で凹みました。だって三栖さんが……そんな……ミスターメサイア龍くんが……? ちょっと待ってほしい。明けない夜なんてないんですよ三栖さん。焼肉行ってくださいよ三栖さん。そして私にはハイボールを持ってきてほしい。

 

三栖さんと周ちゃんのことは、もう「えっ どうすればいいんですか?」っていう混乱でいっぱいなので、とにかくハイボール飲ませてほしいです。周ちゃん、大丈夫かなあ……。

 

というかまさかの志倉さん、マジか? 志倉さんの感情が揺れると私も感情が揺れちゃうな……。

 

吐きそう

観てる間何度か「オエッ」ってなったんですけど(悪い意味じゃないです)、一番「オエッ」ってなったのは間宮が関係するところです。吐きそう。私は完全に鋼の亡霊なので、「井澤勇貴」「染谷俊之」の順にエンドロールでクレジットされてるのだけで気がくるってしまった。正直ふたりの邂逅は「なくても良い」ものだったと思うんです。でも許しちゃう。

しかし、間宮はここでも「ごめん」と謝るんだなあ……。彼が発した言葉、「ごめん」と「有賀」の二つだけじゃないですか。そして有賀くんがいつきの呼ぶ声に気をとられてよそ見をした隙に消えてしまう。有賀くんは確実に前へ踏み出していて、間宮との過去も、いつきとの現在も全部受け止めようとしているのはわかるけど、コラ!!!間宮の話を聞いてあげなさいよ有賀~~~!!!という気持ちにはなっちゃいます。ずるい男だと思います。(好きです……)あと間宮の霊への順応早すぎるでしょ有賀くん。

 

そのあとの銭湯でのいつき、完全に夫の浮気を疑う妻だった。いつきは今回の件に直接かかわってないからかあの軽~~い口調が普通に癒しでした。悠久、どんな日が来ちゃうんだ!?

 

パスワード「Messiah without G string」は「そんなことある!?」という気持ちも半分くらいあるんですけど。GがなければG線上のアリアは弾けないんですよね。このあたりの解釈(もとい都合の良い妄想)はまだ私は考えている最中です。

 

 

 映像と舞台の齟齬

毎回思うんですけど、舞台と映像でストーリーやキャラクターの性格に齟齬があるので「これって本当に暁に繋がってるんだっけ……?」と考えてしまう。でももうなんかそのへんは色々仕方ないことがあるのかな、と思うし、齟齬も味に思えてきました。(そんなことはない)大きいところだと白崎のこととか、小さいところだとゆぎこたの性格とか……なんかそのあたりで「アレ……?」と思いました。個人的にはメサイアは舞台がすごく好きなのでそっちを私の中での本流として割り切る努力をしています。ところでやっぱり白崎ってめちゃくちゃ危ういですよね。暁後の白崎、北方に渡ったりしてません?大丈夫かな?

 

 

 

 

youtu.be

 ところでなぜかこの曲が極夜の私版イメージソングです。なんででしょうね?