夢と現実いったりきたり

phenomenon

見たものの感想 思ったことなど

第2回 ジャニーズJr.への招待 ~引き続き少クラを見ている編~

 

 先日、このようなエントリを書きました。

 

tsukko10.hatenadiary.jp

 

 ひと月ほど経って、最近は自室にTVを導入した*1ことも手伝って、見事に録画した少クラばかり見ています。当たり前に同じパフォーマンスですが、毎度見ても新しい発見があるので、何度見ても飽きません。そんな感じなので、Jr.の子たちの名前もだいぶ覚えてきていて、ユニットを組んでいる子なら8割くらい顔と名前が一致してきました。色んな子がいますね。それと、Johnny's webに入会しました。これはどちらかというとSexy Zoneのために入ったので、Jr.に関してはそこまで活用していないのですが、阿部くんがすごく真面目そうだなということは分かりました。

 

 

2月放送分

 

 さて、2月放送分で最もリピートしているのは、SixTONESの「Battery」Princeの「You are my Princess」の2曲。次点がHi Hi B少年の「我 I Need You」

 

 

Battery/SixTONES

 

 松村北斗くんのお顔が弩級に好きだということは前にも書いたしそれはもちろん変わりないのですが、それを差し引いても、SixTONESのパフォーマンスがすごく好きだな~~ということに気が付きました。曲の力もあるでしょうけど、グループのカラーを出すパフォーマンスが皆すごく上手です。曲中ほとんどサングラスをしていて顔が見えない、というのは賛否ありそうだけど、ダンスでメンバーの個性がちゃんと出ているし、曲終わりの咥えサングラスが最高だからオールオッケーだと思います。北斗くんだけサングラスを喰らいに行っててやや面白いけど、体のしならせ方がセクシーで、流石です。それと、個人的には北斗くんが「Phenomena」と歌っていることが最高ポイントです。

 

 

You are my Princess/Prince

 

 これはもう岸くんが優勝。もともと、岸くん担当の人が身近にいるから、という理由で岸くんを見ていたのに、気が付いたら目が岸くんしか追わなくなっていました。前月の「Prince Princess」とは対照的に、フォーメーション移動が多いので見ていて楽しく、聴いていても楽しい。曲自体好きなのだけど、やっぱり岸くんのパフォーマンスが最高です。具体的にどこがいいのか列挙しようと思うと、一挙手一投足すべてを褒めないといけなくなるので割愛します。とにかく見てほしい! 後に岸くんが95年生まれで同級生、と知って「若い!」ってびっくりしてしまうくらい、魅せ方が上手い。この歳でここまで出来るなんて、岸くんは今後どうなってしまうの? パフォーマンス大魔神になるの?? デビューして(おめでとうございます)地上波の音楽番組に出た時、岸くんのパフォーマンスでファン1億人増えてくれないと納得いかないな……と大真面目に思う。バラエティ番組でも愛されそうな気がするし、老若男女から好感を持たれるアイドルになりそうな予感がします。

 

 

我 I Need You/Hi Hi B少年

 

 曲がまずめちゃくちゃカワイイ!!! JUMPの曲なんですね。こんなかわいい曲を、こんなにかわいい男の子たちが歌ったら、そりゃかわいいに決まってます。HiBに対しては、基本的にユニット全体のかわいさを愛でるスタンスをとっていますが、今は藤井くんと大昇と涼さまに興味津々です。

 

 藤井くんは全編しっかり“アイドルらしい”かわいさを見せてくれていて、最後の「♪全然解けない~」の手をブンブン振る時も全力で振ってて本当にかわいいです。B少年で最年長の彼が、恐らくものすごく意識的に“かわいい”を武器にしていることがとても素敵なことに思えて、藤井くんには絶対成功してほしいな、などと思いました。

 

 大昇のことは、そもそも単純に人間として興味があるのですが、それは今は置いておいて、細かい仕草がすごくかっこいいなあと思います。舞台中央からはける時にお手振りしてるのとか、「そのアピール方法があったか……!」と唸りました。お手振りに限らず、冒頭のパフォーマンスがすごく良かったです。

 

 で、涼さまですね。元々、東京B少年に興味を持ったのが先だったので、HiBのパフォーマンスは大抵B少年の方を見ていたのですが、この頃はHi Hi Jetの方にもすごく興味が出てきました。ところで5人になったそうですね。作間くん、めちゃくちゃ好きなタイプのお顔なので、今度の少クラが更に楽しみです。Hi Hiの中でも、涼さま、めっちゃ、かわいくないですか。特に表情。初見だとなんとなくクールキャラなのかなと思っていただけに、ギャップにグッときました。

 

 

 アイドルを好きになる基準

 

  元々、自分がアイドルを好きになる基準をビジュアルだと思っていたのですが、どうやらパフォーマンスを重視しているな、と気がついてきました。歌やダンスが好みじゃないと、どれだけ顔が好きでも推せないし、逆に顔がそこまで好みじゃなくても、パフォーマンスが好きだったら推したくなる。ダンスのことは詳しくないけど、体の使い方や表情の付け方が上手い子が好き。

 

 あとはやっぱり、カメラアピールが上手い子。先日観に行ったテニミュ比嘉のライブビューイングでも、赤也役の前田くんがカメラアピール上手で、駆け出しの舞台俳優には珍しくて良いな~~と思いました。カメラアピールが上手!って衝撃を受けたのは中島健人くんが最初で、カメラに対する目線や顔の残し方がすこぶる上手なんですよね。菊池風磨くんは健人くんとは違う方向だけどやっぱり撮られ方が上手。逆に、セクゾ内で一番下手なのは勝利くんなんじゃないかな……と思っています。でもこれはdisではなく、なんとなくそれが勝利くんらしくて安心します。

 

 Jr.で気になる子たち(特に北斗くんと岸くんのことですが)も、考えてみるとやっぱりカメラアピールが上手。カメラに抜かれる数秒の間に、視聴者をドキッとさせて、更にヒキでもその子を追ってしまうように仕向ける表情と仕草が出来るってかなりすごいことだよな、と思います。天性の嗅覚もあるだろうし、地道な研究と努力もあるだろうし、アイドルってすごいな……。確実に私には出来ない……(アイドルになる予定はない)。

 

 

余談

 という感じで、着実にJr.にはまってきています。本当に面白いなあ。今後、キンプリのデビューで色々勢力図も変わってくるだろうし、ライトファン的には“戦国時代”って呼ばれてたときの女子ドルを見ているような感じです。それから、これは完全に持論なのですが、テニミュ好きな人は大体少クラも楽しいと思う。少なくとも私は、見てるときの感覚が全く一緒です。「Keep on」とかテニミュの全体曲みたいだもん。

 

 

 

 

 

 

*1:引越しするので