夢と現実いったりきたり

phenomenon

見たものの感想 思ったことなど

ドラマ「QP」

ドラマ「QP」(2011)

あらすじ

拳を壊して志半ばでボクシングチャンピオンの夢を諦めた美咲元は、ある日、天狼会のボスの我妻涼に出会う。人並み外れたオーラを放つ涼に一目で憧れを抱いた元は、すぐさま天狼会のドアを叩く。そして、涼から世話役として紹介されたヒコを兄貴として慕うようになっていった。
そんな最中、この地域で幅を利かせている横溝組が涼の身辺を嗅ぎまわり始めていた。対立を深める横溝組と天狼会、そしてその様子をさぐる古岩組。均衡を保っていた3つの組が、徐々にバランスを崩していく…。
次第に明らかになる涼、トム、ジェリーの過去。夢や野望を実現させるためなら手段を選ばない者たちが見せる生き様。誰もがわかるものではない、修羅場を経験した者だけに結ばれる絆。窮地に立たされたとき、暴力の世界に身を投じた男達は何を選び、そしてどう生きるのか…。

http://www.ntv.co.jp/QP/

 

 感想

  以前フォロワーさんがおすすめされていた「QP」、「トドメの接吻」のスピンオフ「トドメのパラレル」を見るためにトライアル入会したhuluにあったので、見ました。ドメキスは今期割と本気で一番楽しんで見ているドラマなのですが、ドメパラを見るとより愛おしくなるので見ることをおすすめします。制作陣におもちゃにされる、もとい愛されている真剣佑があんなことやこんなことをするドラマなので。なぜか大抵ホラーノベルゲーのバッドエンド風に終わる。

 

 さて、この「QP」は、めちゃくちゃざっくり言うと、我妻涼(演:斎藤工)と元ボクサー・美咲元(演:林遣都)が出会ってから、我妻率いる天狼会が崩壊するまでの期間を描いた所謂ヤクザもののドラマです。正直前半の5話くらいまで流し見していたので「この人誰だっけ……」となることもしばしばだったのですが、多分ちゃんと見てたらわかると思うし、私みたいに不真面目に見ていたとしても5話過ぎたあたりからめちゃくちゃ面白く見れると思います。というのも、天狼会を始め、登場人物の思惑や過去がこのあたりから明らかになっていくからです。

 

 私が好きなのは天狼会の殺し屋・トム(演:金子ノブアキ)とジェリー(演:渡部豪太)の関係性。むしろ彼らを嫌いな人いるの???? ってなってるんだけどどうでしょうか。この二人、孤児院で出会って、色々あって二人で殺し屋として生きていくことを選んだ義兄弟(トムとジェリーは仮名)で、互いが互いに重いくらいの愛情を持っているんですね。彼らの夢は、稼いだお金で沖縄の丘を買って、二人だけで住むこと。「我妻に賭けたい」と思ったトムの気持ちは本心だったと思うけど、彼らにとって世界に必要で最優先なのは互いの存在で、最終的にはああいう形になってしまったのがしんどいなと思います。何度も繰り返し出てくる幼少期の二人の会話(「QP」は全体的に同じシーンが何度も繰り返されるけど)が、言い回しを含めてすごく好き。ジェリーは「自分が死んだらトムは泣くけど、そのあとは一人でも生きていける。自分は、泣きはしないけど後追いはするかもしれない(=一人では生きていけない)」ということを淡々とした調子で話すし、二人だけで沖縄に住む提案をするのも元々はジェリーだし、クールに見えてすごい重い(褒めてる)。多分、彼にとってトムは唯一の救いだったんじゃないかな、という話なんですけど。劇中、何度か「現在」の彼らと幼少期の彼らが重ねられる演出があって、トムとジェリーの二人の時間はあの頃から止まってるのかもしれないなと思いました。

 

 あまりにもトムとジェリーのことを好きになったので彼らのイメソン(嘘ではない)買いました。この曲に限らず、全体的に音楽のセンスがかっこいい。

Rabbit Foot

Rabbit Foot

  • Song Riders
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

 あとは情報屋・エイジくん(演:窪田正孝)、古岩組の若頭・蜂矢兼光(演:やべきょうすけ)も好き。エイジくんの出番って結構少なくて、ちゃんと出てくるのって5話と11話くらいなんだけど、もう言動がいちいち全部かわいい。ここで唐突に、私が選ぶエイジくんかわいいランキングを発表します。

 

  • 大きい灰皿の煙草を外に出して、そこに水をいれて飲むエイジくん。
  • トムに電話をかけるエイジくん。(敢えて文字に起こすと「もしもしぃ~~?♡トムさんですかぁ?♡エイジですぅ♡あぁ~んもうよかったぁ~~♡ちゃんと生きてたんすねぇ~~♡♡」)
  • 「諭吉……♡あっもうすっげー気持ちいい……♡」って言いながら札束に頬ずりするエイジくん。

 

 同率一位。エイジくん、基本的に「にゃはーん」って感じの顔をよくしてるし、灰皿で水を飲むシーンなんかもはや私に人間に見えてるだけで実は猫なのでは……とすら思うほど、猫っぽい。窪田くんのファンは多少無理してでも見た方がいいと思います。あ、蜂矢は純粋に私がめちゃくちゃ好きなタイプの男です。

 

 

 ストーリーとしては我妻はこの後も誰かを信じることなく、さらなる破滅へ向っていくんだろうな……という救いのなさを突きつけて終わってしまうので、誰か我妻の魂を救ってあげてほしいなって思う。彼は天下を獲るつもりなんだけど、いろいろヤンキー・ヤクザ映画やドラマを見ていく中で、てっぺん獲ったその先に一体何があるんだよ……という気持ちがどんどん強くなっています。だってみんな孤独になって破滅していくんだもん……。校内でナンバーワンになる!っていうストーリーだったらそうでもないんだけど、舞台が学校の外に移ると急にみんな破滅に向かってしまう気がする。大抵社会からドロップアウトしてしまった人たちが登場人物で、闘う手段が銃や刃物になって、死と裏切りが隣り合わせの世界だから仕方ないのかな。泣いちゃう……。なんかそういう意味でやっぱり美咲くんとみんなとの間には断絶があったんだよな~~。我妻が美咲くんを昔飼ってた犬に重ねる描写があったり、他のみんなも割と彼に優しかったけど、美咲くんみたいにきゅるきゅるしたお目目のかわいい男の子が、現実を知らずにぽやぽやヤクザの世界に憧れてきたら、そりゃみんな優しくしちゃうよねって。

 

 

 

 キャストも被ってるし、なんとなくソリッドな「HiGH&LOW」っぽさがあるから、ハイロー好きな人は「QP」も好きなんじゃないかな、っていう無責任なことを言っておきます。私は1話に鈴之助が出てたのもあいまって「ガチバン」シリーズを見たくなってきました。どこまで見たっけ……。