夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

最近読んだもの・見たもの

ざっくりとした感想などをのこしておきます。

 

最近読んだもの

 

都陽子「地下アイドル、職場の男にバレまして」「カレは女とシたことない。」「カレは男とシたことない。」

前から名前だけ知っていた都さんの漫画も読み放題だったので読みました。絵柄がめっちゃフィールヤングって感じ~~!!! 「地下アイドル~」は、正直人の弱みを握って脅すような男はよろしくないのでは……と思いつつ、私はこういう男が結構好きなんだよな……というどうしようもない気持ちになりました。思った以上にあっさり終わった。アイドルになりたい気持ちはわかるな~という感じ。「カレは女と~」は、男の家族(姉と母)の描写がキツくてウウ~~となりました。マジで無理……。「カレは男と~」は「カレは女と~」のスピンオフで、こっちはBLにあたります。私は「カレは女と~」よりこっちの方が好きでした。都さんの漫画、「人生はまだ長いので」が気になるので読みたいです。

 

中山乃梨子「ゴーゴーガールズ」「立花菊の甘えた関係」

常盤零時がめちゃくちゃ好きですという話。「ゴーゴーガールズ」は立花家のきょうだいとその恋人の話なんですけど、その中でも菊とその恋人の常盤の話がめちゃくちゃ好き。割と二人ともどうしようもない。「立花菊の~」は菊と常盤が主人公の話で、「ゴーゴーガールズ」以上に二人のどうしようもなさ(=甘えた関係)が描かれていて、なんだこいつら……と思いました。常盤くんはめんどくさいメンヘラ乙女って感じです。

 

阿弥陀しずく「こんなはずでは」

めちゃくちゃほのぼのしたBL。本当はこういうのも好きです……。

 

ビリー・バリバリー「ばら色の研究と花喰らふきみ」

花を食べるお坊ちゃまと、初恋の人のために光るバラの研究をしている男の話。設定が耽美。二人とも初恋をずっと引きずってる(よく言えば一途なのか?)し、(肉体関係はあるけど)めちゃくちゃピュアなラブストーリー。表題作以外のホストの話に出てくるサラリーマンとか好きです。「朝とミーチャ」の番外編も収録されてて、それが気になるので本編も読みたい。

 

山田酉子「ばらのすべて」

アイドルと、微妙に裏社会みたいな。結構おもしろかったんだけど、絵が苦手……というか、登場人物の顔の区別がつかなかったりしたので、それはちょっとどうだろう……。私は江夏くんが好きです(わかりやすい)。

 

吉田ゆうこ「悪玉」

嫌いではないけど、そこまで納得のいかない感じ。全体的に淡い感じが合わなかったのかもしれない……。絵柄が苦手なのも原因かなーと思います。情景描写とかは結構好みなんですけど。

 

松崎夏未「その男、アイドルにつき」

まだ四話分くらい?しか配信されてないので今後の展開によりけりだと思うんですけど、現時点ではめちゃくちゃ好きな気がする。アイドルグループのマネージャーになってしまった男と、そのグループに所属する愛情に飢えているアイドルの話。アイドルが小さい頃から面倒を見ていて、アイドルとマネージャーというか親子とかそういう信頼関係を築いているように見える二人なんですけど、アイドルの方はなんせ愛情に飢えているので「この人に嫌われたくない/好かれたい」という一心で仕事を頑張っていて、かなり具合が悪いです(好き)。マネージャーはマネージャーで、アイドルに対してある感情を抱えはじめるけれども、過去の経験や自分の立場を考えて必死に抵抗している……という状態なのでこちらも具合が悪いです(好き)。

 

 

紀伊カンナ「エトランゼ」

めちゃくちゃ有名なシリーズですよね? はじめて読みました。「海辺の~」、「春風の~」1巻までです。思ってた以上にめちゃくちゃ良い!特に好きな絵柄ではないのですが(そんなんばっかだな)、お話が好きです。お金くれた人は2巻とかにも出てくるんでしょうか。「普通の人に異常を肯定してもらって一緒にやましいことしたいわよね」でエ~~ンとなってしまいました。

 

 

山本ルンルンマシュマロ通信」「オリオン街」「宇宙の白鳥」

めっちゃかわいい~~~!!!! 「マシュマロ通信」はどうやら昔アニメになっていたようで、友達から「なつかしい!」と言われまくったんですけど、私は知りませんでした……。ジャスミンの在り方がすごく好きです。ライムはかわいいから好きです。どの作品もかわいくてやさしいな~~と思いました。あとどの作品にも私の好きな感じの男の子が出てくるので困りました。オリオン街はケンジくん、宇宙の白鳥だとキリヤくんが好きです。わかりやすい。

 

 

網野素「死神幸福論」

短話売りでラストの5話だけ読めていないのですが……偶然見つけたAV男優と生物の先生が似ている……という理由で先生を観察し始めた結果、先生のことを好きになってしまう高校生の話です。主人公の子が思春期!って感じのカッコつけ方でかわいい。かなり読みやすいと思う。ただオチを読んでいないので何とも言えません。

 

沖たばかり「次は脱ぐところから録画してみよう」「幸福な残痕」

意味がわからない。「次は~」と「幸福な~」を並行して描いていると思うんですが、テンションの違いがすごい。両方まだ2話なので今後どう展開していくかはわからないんですが、どちらも好きです。「次は~」はめちゃくちゃ下ネタなんだけど勢いと爽快感がすごくて笑ってしまう。なんかよくわかんなさすぎて作者のツイッターを見てみたら余計によくわかんなくなりました。次回配信が楽しみです。

 

 

緒川千世「カーストヘヴン」

好きすぎる。1巻のみ読み放題だったんですがうっかり全巻買いました。好きです……。色んなカップリングが登場して、巻ごとにフィーチャーされるカップリングも変わってくるんですが、私はダントツでメインの梓と刈野が好きです。というか梓が好き。「カーストヘヴン」の舞台となる高校では、いわゆるスクールカーストが「カーストゲーム」というゲームで決定され、そのカーストに基づいて行動しなければルール違反となる……という気の狂った裏制度があり、梓は元々「キング」でした。それも傍若無人な。しかし、ある日開催されたカーストゲームで自分を慕っていたはずの刈野に裏切られ、一転「ターゲット」になってしまいます。ゲームのルールに則れば梓は「ターゲット」らしくふるまわないといけないんですけど、そんなのは無視して自分らしくふるまおうとするのが梓で。「搾取される側にはならない、搾取する側になってやる」「肩書なんかで自分は変わったりしない」という彼のプライドや信念がどんどん壊されて揺らぎそうになっているのがあまりにも良い。どんどん酷い目に遭ってほしいし、それにどう立ち向かっていくのかにも興味があります。梓と刈野の間には今のところロマンチックな感情がないのも個人的にグッとくるポイントです。刈野は梓に異様に執着している。梓は刈野が自分との関係を一過性のものと捉えることを絶対に許さない。刈野が梓に執着する理由、そして話が進んだところで梓が抱き始める刈野に対してあたらしい感情、彼ら自身はそのらが一体なんなのか?ということに気づいていない。名状しがたい感情、複雑な関係性、大好き……と言いながら毎日読んでいます。これを実写で見たい気持ちと絶対に実写化しないでほしい(いろんな問題で)気持ちがせめぎ合っています。何かの間違いで実写化(じゃなくても映像化)されたら主題歌はスガシカオにお願いしてもいいでしょうか。

 

 

最近見たもの

宙組「ホテル・ステラマリス」

 和央ようかさんは鬼のようにかっこいいが、若干滑舌が気になってしまい……。あと普通に二股はダメですよ。倫理観があるのでそのあたりは厳しいです。花總まりさんがフィアンセと2人で話しているところで「花總まりさん、極妻やってほしい」と思ってました。絶対に強い。そして大和悠河さんというこれまたビジュアルが鬼のようにかっこいい人をこんな役に……。いや、好きです……。

 

 

 

アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ

前からちょこちょこ見ていて、「血染めのユフィ」のショックで長い間続きを見れなくなっていたんですが、ついに1期を完走しました。コードギアスの人たち、みんながみんな自分の感情(とエゴ)に基づいて行動していて、誰も完全に正しいことはなく、ひとつひとつはちょっとしたズレであるのに最終的にその小さなズレにより取り返しのつかない事態に陥っているのでマジでつらくて死にそうになりました。わたしはルルーシュが好きなので、ルルーシュがめちゃくちゃつらい……ルルーシュにやさしい世界にして……と思ってしまうけれど、ルルーシュだってかなり酷いことをやっていて、それによって傷ついた人がたくさんいるわけです。しかも「妹・母のためにブリタニアをぶっ潰す」という、極めて個人的な理由で。それでつらい目に遭った人にとってはふざけるな、たまったもんじゃないよ、ということになるでしょうし、でもルルーシュがどんどんひとりに近づいていくのがつらい……。そっちに行っても安息はないのに……エーン……(オタク女の涙)まあだからルルーシュが好きだけど、他の人を一方的に責めることもできないし……あ、でもニーナのことは嫌いです。ニーナにはニーナの事情があるがそれとこれとは別で、ニーナのことは最初から嫌いです。はい……。

とりあえず1期だけじゃ全く終わらなかったのでR2も見始めようと思います。

 

 

 全部読んだ方はわかると思いますが、主に「カーストヘヴン」と「コードギアス」の話がしたかっただけです。