夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

宝塚、はじめました

(「踊るガリ勉中学生」のメロディーで)

 

最近まわりで観ている人が多かった宝塚

を、ついに始めました。実は中学生の時に一度観たことがあります*1。が、まあ年齢が年齢なのでその後劇場に通う……ということもなく。お金もないしな……と思ったんですけど、宝塚のチケットの値段を見てめちゃくちゃびっくりしました。めっちゃ安い!!!もちろんS席なんかは1万円しますが、B席や立ち見席ならめちゃくちゃ安い。更に夏休みは学割がきくのですが……

 

kageki.hankyu.co.jp

kageki.hankyu.co.jp

 

(たぶんワーイ!って様子を表したかったんだろうけどその顔文字だとオワタになっちゃうよ というのは置いておいて)

なんと立ち見席は1000円です。価格破壊か!?!? 興業的に成功してて、専用の劇場を持っているからこそなのでしょうか。映画見るより安いじゃん。ということで、月組宙組両方観に行きたいな~~と思っております。宙組、夏にそんな凍てつく感じなのか……

 

と、価格破壊にひととおり驚いたところで、最近観た作品の話をします。

 

エリザベートー愛と死の輪舞ー(98年・宙組

トート:姿月あさと、シシィ:花總まり、フランツ・ヨーゼフ:和央ようか、ルイジ・ルキーニ:湖月わたる、ルドルフ:朝海ひかる

 

一回観たことあるし、と思って観始めたんですけど、こんな話だったっけ!?!?と結構新鮮に驚きながら観れました。09年月組エリザを観たときにはルキーニが好きだったことを覚えているんですが、今もやっぱりルキーニが好きです……。胡散臭い男が好きという話です。

 

花總まりさんが本当~~~に本当~~~に美しすぎて、花總まりさんのオタクになりたい……と思いました。少女時代から年老いるまでをきれいに演じ分けていてすごい。しかも花總まりさん、2015年東宝版でもシシィを演じてたの、ちょっと意味がわかんないですね。今の花總まりさんのシシィめちゃくちゃ観たいし、DVDを買うか、再演の祈願でもしておきます。シシィ、あんなに自由に動き回るのが好きだったのに、自由を手に入れるための努力を重ねた結果、がんじがらめになっていくその様がめちゃくちゃ痛々しくて悲しい。「私だけに」、1回目と2回目で全く感触の違う仕上がりですごい。

 

で、フランツなんですけど、こいつこんなにマザコンだったの!?!?顔が和央ようかさんだから余計にどうしようもない感じが目立ってしまう。割とどうしようもない男ですよね。終盤でシシィに愛してると伝えた場面では、「お前にとっての“愛”ってなんなんだよ!!!」とキレそうになりました。でも、顔が和央ようかさんなので……。顔がかっこいい……。

 

物語としては、エリザベートの軸になっている「トートとシシィの愛」についてあんまり納得いっていないというか、「シシィがトートを愛していた」というのがあんまりしっくりこなくて、うーん……という感じではあるのですが、曲や衣装がめちゃくちゃ好きです。思い出補正も入っていますけど、トータルでは結構好きなミュージカルだな~~。ちなみに好きな曲は「最後のダンス」「私だけに」「キッチュ」です。

 

 

ファントム(04年・宙組

ファントム:和央ようか、クリスティーヌ:花總まり、キャリエール:樹里咲穂、フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵:安蘭けい

 

いや、もうこれに関しては、キャリエールがマジでクソ男すぎる。大体お前のせいだぞ!!!それでいて被害者面しだすし、エリックに対してお前を愛してるとか言い出すし、いっぺんしばくぞ!!! キャリエールが過去のことを話し始めて以降、「キャリエールがクソ」という気持ちでいっぱいになり、そこへのムカつきでいろいろな物事を見落としてしまったんですけど、キャリエールがクソであると思えば思うほど、エリックがかわいそうでかわいそうで切なくなるというマジック。エリックの存在がめちゃくちゃ悲しい。エリックって結局こどものまま体だけ成長しちゃったんだろうなあと思っていて。クリスティーヌとの間に芽生えた愛、というのも、恋愛感情というよりも親子間の愛なんじゃないかなと思いました。エリックの中にある「愛」の種類って、唯一自分を肯定してくれていた母からの愛ただ一種類だったんじゃないでしょうか。愛につつまれて死んでいくエリック……。あまりにも美しいんです、顔が和央ようかさんですし……。和央ようかさん本当にあまりにも美しいんですよ。ファントムを観てください。

 

キャリエールのクソさとエリックへの悲しみ以外の感情がわりと抜け落ちてるんですが……

 

  • カルメンのときにエリックが白い衣装を身にまとっているのがめちゃくちゃかわいい
  • タイターニアのときにオーケストラピットで指揮振ってるエリックがめちゃくちゃかわいい
  • フィリップ役の安蘭けいさんの顔がめっちゃ良い
  • 出雲綾さん(カルロッタ)、エリザでもゾフィー役だったし、小憎たらしい熟女役が似合いすぎてやばい
  • 花總まり様が美しすぎるので、花總まり様になりたい

 

という感じです。

 

他にもバビロンやネオ・ヴォヤージュなどのレビューもちょこっと観てはいるんですが、まだまだレビューの見方がわかんないなあという感じ。歌と顔と踊りと衣装がすごいのはわかります。ジェンヌさんの顔や名前を覚えてないのでどれが誰で前の場面で何やってたか、というのがわからない……というのと、歌と踊りから物語を汲み取る才能がないのかもしれません……。しくしく。

 

ちなみに

 

残りのDVDはこんな感じ。

 

エリザベートー愛と死の輪舞ー(02年・花組

La Esperanza-いつか叶う-/TAKARAZUKA舞夢!(04年・花組

マケラシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー(05年・花組

 

ガラスの風景/バビロンー浮遊する摩天楼ー(02年・星組

花舞う長安玄宗楊貴妃ー/ロマンチカ宝塚'04(04年・星組

スカーレットピンパーネル(08年・星組

 

霧のミラノ/ワンダーランド(05年・雪組

天使の涙 Lucifer/タランテラ!(06年・雪組

 

BOXMAN 俺に破れない金庫などない(04年・宙組

ホテル ステラマリス/レヴュー伝説(05年・宙組

炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ(05年・宙組

Never Say Goodbye ある愛の軌跡(06年・宙組

 

 

貸してくれた方のご贔屓などは伺ってないんですけど、宙組が好きなのかな~~という感じですね。次は何を見ようかな。おすすめがあれば教えていただきたいです。

 

 

*1:09年月組エリザ