夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

ペダステIH3日目ライビュみてきた(2015/3/30)

舞台弱虫ペダルインターハイ篇The WINNER

本当は生観劇したかったけど、チケットがとれず。大阪の当日券めちゃくちゃ少なかった……。ライビュはなんとかチケットとれたので、観てきた。

ライブビューイング自体初めてだったけど、コンサートとかだと割と盛り上がってペンライトやサイリウムを振ったりすると聞いていたので、ちゃんとアームリフレクター装備していった……が、とても静かだった。会場によってはすごい盛り上がっていたようなので、わたしのいた会場がおとなしかっただけかもしれない……。京都人ははんなりえ、ってことだろうか。

とりあえず、思ったことを以下羅列していこうと思う(完全に記憶頼りだし、一度しか観ていないし、実際とはかなり違ってるかもしれないことは先に言っておきます)。時系列もたぶんバラバラ

 

・舞台が始まる前に客席から歓声が上がって何かと思ったらまさかのわたるん先生。近くに先生いたらめっちゃ緊張して気が気でなくなりそうだ……。場内アナウンスが村井さんだったのでちゃんと聞きたかったのだけど、いかんせん会場内の音声なのでちょっと小さくて聞き取りづらかった……。

・舞台のはじめの方は、いつも通りこれまでの話をダイジェストで振り返り。このとき、キャラがひとりひとり出てくるけど、真波の登場が本っ当にかっこよかった(というか、登場だけじゃなく、今回の真波は本当にかっこよかった)。

・東堂巻島のラスクラ、短くても泣けるなあ。実はペダステはIH篇を一切観れてないのでラスクラがどう描かれてるのか知らないんだけど、ちょっとこれは早く観なきゃだ。ちょうど頂上にたどり着くところで照明がきて2人のシルエットになってて。そこの東堂が本当にいい! シルエットが美しい! きたむー、野獣覚醒で生で見たけど、本当に東堂尽八だ。あと顔が本当にきれいで、カテコとかできたむーのアップが抜かれると思わず見とれてしまう……。こんな美しい人間見たことないという気持ちになる……。

・ミヤ、よかったなー。本当にミヤが存在してた。登場シーンの後姿で1人芝居の時点でもううわーミヤだ!!という……。完全に山本くん、モッてた。彼、元Jr.でパズルライダーやってたことだけ前知識としていれてたけど、本当によかった!!

・ミヤのテーマソングなのか、呉南のテーマソングなのかはわからないけど、あのお太鼓みたいな音が好きだった。イビの拍手にSEついてたのも、好き。呉南の手綱とってるのってイビなんだよなーと改めて思った。

・去年のIH回想の演出もよかった。イビのカナちゃん云々の台詞、ミヤを思ってウルウルした。今回、原作一応読んでるのに涙腺にくることが多かった気がする。歳のせいかな……。原作読んだ時点では、呉南、好きでも嫌いでもない位置でしかなかったけど、すごい好きになった。

・原作はそうでもなかったけど、という意味では水田くんもそうかなあ。ペダステですごく愛おしく感じた。御堂筋に心酔して、次期エースって言葉を信じて真っ直ぐに追い付こう追い付こうって頑張ってるところに、呉南率いる集団に飲み込まれたときの絶望感たるや。彼には本当に次で活躍してほしいなあ……。

・カテコでみんなが整列するとき、きたむーとちゃんともがすれ違い様にローファイブかな、ハイタッチまではいかない位置で互いの手を握ってて、ああこの二人はまさに東堂と巻島だなとしみじみ思った。

・村井さんが4回目だったかな、のヒメヒメダンス前に最後ですよ、言いたいことあったら今のうちですよ、って呼びかけたとき、真っ先に前に出て台詞を披露したのはきたむーだった。こういう場面で目立ちに行くってとこがまず東堂らしいし、周りのキャストから「生粋の東堂だな」って言われてたの、玉ちゃんの後任、って形でペダステに入ってきたことを思うと、感慨深い。きたむー参入後からペダステを知ったわたしが言うのも変な話だけど、成長したんだなあ。カテコの挨拶聞いてても、彼はペダステに人生を大きく変えられた人間のひとりだと強く思う。

・友常くん、ちゃんと田所さんだったし、なんならカテコで号泣してる姿も田所さんだった。お気に入りなのは鳴子がデーハードヤドヤクライムの説明するときに前輪を持ってる表情です。めっちゃ田所さんの顔してた……。パズルライダーさんとその場面にでてこないキャラは大道具や小道具を動かしたりするんだけど、そのときに細かい演技してるからヨリの画のとき楽しかったなー。

・号泣する友常くんに「これ(前髪)触る?」という謎のフォロー入れたり、足元のカメラにみんなで群がってたときにナチュラルに投げキスしてたり、なんか場をふわっとさせたりしてたちゃんとも…………。

・みつさん、役者だった。キャストはみんな役者だからこういうのも変だけど、みつさんは頭ひとつもふたつも飛びぬけてたと思う。普段の御堂筋からキレた御堂筋への声音の変化はゾクゾクした。全力出し切って倒れた姿、原作で読んだとおりの御堂筋の姿だった。

・ペダステには女性キャストがいなくて、委員長が出てこない(植ちゃんが女装した形では一応出てるけど……)んで油断してたけど、ちゃんと真波が委員長に言及してて最高だった。真波は少女漫画力が高いなあ。

・真波が負けて、先輩たちのいるテントに戻ってくるシーン。いっぱい涙が出たので~っていうのが真波らしくて大好きな台詞だから舞台で聞けてよかった。先輩たちがひとりひとり真波に触れてテントを出ていくとき、最後の新開くんは真波の前髪を優しくくしゃっとして出ていく。それが本当にかっこよすぎて死ぬかと思った。新開隼人に対しては夢属性微妙にあるので、正直たまらんでした。漫画であったっけ?覚えてないや……。

・新曲かな?ちょっと把握できてないけど、曲がよかった。ちぎれていったキャラが歌うやつと、いま、青春!みたいなやつ。

・まさかのヒメヒメ4回。通常通り1回、締めにヒメヒメ踊ろうか、ってなって2回、そこで植ちゃんが間違えて3回、次はたーが間違えて(たぶん友常くんも微妙に間違えてたけど見逃されてた?)4回。植ちゃんが間違えたとき関西弁で誤ってたのと、1段上で踊れ!って言われたときに村井さんが「真波くん!」ってついていったのがかわいかった。

・先日ヒメヒメ間違えてトレンド入りした秋人は間違えるどころかめちゃくちゃいい笑顔で踊ってました

・龍くんがユキちゃんだけゼッケンがなくて……という話をカテコでしてからの、12番ゼッケンはとてもうれしかった。単純にユキちゃんにゼッケンが与えられたことへの喜びと、IHが終わって一区切りついたペダステの次回作への期待。

・カテコでは村井さんと植ちゃんが最初に出てきてから他キャストがでてきてたんだけど、そこで総北は村井さんを担ぎあげたり、エアーバンドやってたり、チーム感が強い印象だった。エアーバンドのときは京伏・箱学(下手側)と総北・呉南(上手側)の温度差が……。えいじさんは植ちゃんを抱き上げたりしてた。

・泉田が3年から声かけられたときの返事が「アブァ……!」みたいな感じで、「ペダステの泉田」ってキャラが確立されてるなあと思った

・本当に最後はけるとき、たしか新開泉田はペア?になってて、真波小野田のアップが抜かれてるときに「アブゥ!」って声と黄色い歓声が聞こえたのでたぶん新開泉田で事案があった?

 

ざっと思い出せるのはこんな感じかなあ……思い出したら追加するやも。キャストのひとこと挨拶聞いていても、人生を変える作品になったというキャスト、ペダステは青春だと喩えたキャスト、なんだかペダステが終わってしまうんじゃないかとまで思った。このままペダステが続くとしても、IHが終わったら3年生は引退だし、多くのキャストはペダステを去ってしまうこととなる。そのことを思うと、本当に悲しくて、喪失感すら感じる。長い長いインターハイの夏は青春だった。わたしはまだ青春の中にいたい。