夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

「好き」にも種々ありますが

 

傍目からみると「この人はどうかしてしまったのかな?」と思うような、そんな「好き」に興味があります。対象に複雑な感情を抱えている人の話を聞いていると、「この人をこんなに惑わせてしまう人/ものって一体?」と、俄然気になってくる。人を狂わせるだけの魅力って、手に入れようにも手に入れられないものじゃないですか。

 

余談ですが、個人的に、松田龍平にはそういう魔性が備わっていると思います。若手だと、村上虹郎とかいいセンいってると思います。その人自身は何にもしてないのに周りの人間の人生が少しずつ狂っていくみたいな(好きです)。にじろーはちょっと確信犯っぽさがあるけど。ところで、創作においては良いですがむしろ好きですが、別に「好きすぎて違法行為をしました!」という話が聞きたいわけではないです。誤解のなきよう。

 

急になんでこんな話をしているのかというと、ツイッターのフォロワーが好きなものが、どんどん気になってきているからです。推しと人間性が合わないけどでも好き……って言いながらボールペンを太ももに突き刺していたり(たとえ話です)、真夜中まで延々とキャラクターについてツイートし続けたりしているのを見ると、それはもう、とりあえずGoogle検索かけますよ。

何が言いたいかっていうと、みんなどんどん好きという感情を発信していってくれ!ということでした。そうすれば、あなたも私も、あなたの推しも、みんなハッピー。シェアハピ!