夢と現実いったりきたり

見たものの感想 思ったことなど

わたしの本棚

今週のお題「わたしの本棚」

 

人の本棚を覗く機会はそれほど多くないよな、って思う。だからだろうか、人の本棚を見ると、なんとなくその人となりがわかったような錯覚に陥る。もちろんそんなことはないんだけれど。

 

さて、本棚というと、本屋の本棚や、図書館の本棚をまず思い浮かべてしまうのは、私が立派な本棚をもっていないからだろう。そもそも、本を買うことすら最近まで馴染みのない行為だった。

本を買う、という行為を当たり前に行うようになったのは、たしか大学生になってからのことだったと思う。それまでは図書館で本を借りて読むのが私の読書だった。

いちいち自分が読んだ本の冊数なんて記憶していないけれど、一番本を読んでいたのは確実に小学生のころで、小学校で記録させられていた読書マラソン(読んだ冊数に応じてすごろくのマス目を塗りつぶすもの)は毎回完走していた。一体何を読んでいたかというと、いわゆるライトノベル(とくに、『マリア様がみてる』とか、『楽園の魔女たち』とか、コバルト文庫を好んで読んでいた)と森絵都ばかり読んでいたような気がする。ライトノベルは、図書館勤めの母が、「同じ年代の子がよく借りていく」といって借りてきてくれたのがきっかけだったかな。準BLみたいなまるマシリーズとか少年舞妓シリーズなんかも読んでたので、この頃からBL耐性が存分にあったっぽい。ちなみに、現在めちゃくちゃはまっているメサイアシリーズの原作者、高殿円先生の『銃姫』シリーズもこの頃にドはまりしていた。森絵都の方は覚えていないけれど、たぶん大流行した『DIVE!』からだと思う。小学生の頃までに出版された作品は全部読んだくらいに好き。

基本、図書館で借りて読んでいたけれど、本屋での立ち読みもめちゃくちゃしていた。両親が食材を買いに行っている間じゅう、本屋で面白そうな本を物色したり、好きなシリーズや作家の新刊が出ていたらずっとそれを読んで時間をつぶしていた。立ち読みで最後まで読み切ってしまうこともザラでーーというか、前回の立ち読み時にどこまで読んだのかを記憶して、その次に続きから読む、ということをずっとしていた。今振り返ると、なんて迷惑な客だ……。

中学生になってからは、へんに自意識をこじらせていたので、ライトノベルは子供っぽい!と思って卒業し(でも『十二国記』は読んでいた)、伊坂幸太郎を読んでおしゃれぶっていた(伊坂は今でも別に普通に好きなんだけど、中学生のころは伊坂が好きなのはおしゃれだと思って読んでいた節があってちょっと恥ずかしい)。立ち読みはさすがにみっともないなと思ってやめたけど、本はやっぱり図書館や図書室で借りていた。

高校のころは、ぐんと本を読まなくなった。なぜかというと、テレビや映画に夢中だったからである。ひたすらドラマを録画してレンタル屋でDVDを借りて、学校が終われば家でドラマや映画を見ていた。深夜ドラマなんかは、リアルタイムでは見れないけれど、早く続きが知りたいから、早起きして登校前に見ていた。必死だった。映像によるインプットで満たされていたから読書欲もほとんどなかった。

そして大学生(いま)。大学の図書館は公立/学校図書館とは勝手が違って、現代小説は殆どおいていない。公立図書館に行くのも手間だし、となると、本は買うしかなくなる。漫画ばかりだった本棚に、本が増えてきた。といってもそんなに量はないけど。最近は中村文則作家買いしています。小説以外の本も自主的に買うようになってきたのが大きい変化。バイトも辞めるつもりだし、時間ができるはずだからこれからはたくさん本が読みたいな。

「本棚」からめちゃくちゃ逸れた話になってしまった。高校生ぶりに読書感想文を書いてみたい気持ち。そういえば読むのは好きなのに苦手だったな。 今でもそうだけど、長い文章を書くのって難しい。このブログを読んでたらわかると思うけど、絶対散漫になっちゃう。

 

おすすめの本があったら教えてください。