夢と現実いったりきたり

phenomenon

見たものの感想 思ったことなど

アイドル

夏休みの自由研究:ATEEZを学ぶ

PRODUCE X 101の1pickが脱落して落ち込んでいるところで、ATEEZにハマったので、彼らについて調べたことをまとめておく。ハマったとはいえ、オトセヨ(韓国文化を発信してる番組)で「ILLUSION」のMVが流れたのがきっかけで見始めて数日、って感じです。 概…

俺のpickを紹介するぜ(1)1pick・김성현(キム・ソンヒョン)

第2回順位発表式の前に俺のpickたちを紹介していくぜ!!! なぜならば:上位30位に入らなさそうな子たちが……いるので…… PRODUCE X 101のpickたち 《凡例》 名前(カナルビ/事務所名) ポジション、順位変動、評価 1.김성현(キム・ソンヒョン/STONE MU…

書を捨てよ、プデュを見よう── PRODUCE X 101の魔力

PRODUCE X 101(通称プデュ、プエク)にはまっている。なんじゃそれ、という人も、宮脇咲良擁するIZ*ONEを輩出したPRODUCE 48といえば、なんとなくピンときてもらえるのではないだろうか。ざっくり言えば、韓国の公開オーディション番組だ。101人の練習生*1…

ねぇ、I must say love you?/SixTONES新曲「Rollin'」の歌詞の意味を考える

SixTONESの新曲、「Rollin'」が少クラで初披露されました。せっかく初披露なんだから6人でやってほしかったなあ、とか思っていたけれど、きょもれあの絡みで血管が破裂したからもうなんでもいいです。歌詞が一部変わってた*1のだけはなんで!? ってなったけ…

ニューエラ、我々はどこへ行くのか(SixTONES単独公演「CHANGE THE ERA -201ix-」によせて)

平成の世が終わり、時代は令和に突入した。改元にともなうコストを考えると、元号はなくして西暦で統一する方が確実によいとは思うが、それはそれとしても、ビッグウェーブには乗っかりたいタイプなのである。具体的に言えば、改元の瞬間ジャンプしてたから…

Let's Go To Sendai(セキスイハイムスーパーアリーナとの格闘・2019年春)

君はセキスイハイムスーパーアリーナを知っているか? ーー私は知らなかった。そう、SixTONES単独公演、CHANGE THE ERA -201ix-の追加公演が発表されるまでは。 ラブストーリーは突然に ラブ・ストーリーは突然に松下 優也ポップ¥250provided courtesy of iT…

東京で浪費する女/2018年度のまとめ

東京で浪費する女 2018年の3月末に東京に越してきた。就職に伴う上京、ということになっているが、ほんとうは順番が逆で、上京したかったからこちらの会社に就職した、というのがただしい。私は、どうしても、20代のうちに東京で暮らしてみたかった。地方都…

舞台「Johnnys' King&Prince Island」

12/15(土)17:00、1/6(日)17:00@帝国劇場 www.tohostage.com ストーリー 平成が間もなく終わりを告げ、新しい時代を迎える。 ここはKing&Princeの治める夢の王国。 より良き新時代を迎える為に、 自らを磨き更なる高みを目指すことを決意する王と王子た…

「ザ・少年倶楽部」放送曲リスト(2018年下半期)

さて、もう年末ということで、下半期も少クラの放送曲をまとめました。 tsukko10.hatenadiary.jp (上半期はこちら) 放送曲リスト 2018/7/6 1 東京B少年 夏のかけら Coming Century 2018/7/6 2 HiHi Jets FIRE!!! 北山宏光・藤ヶ谷太輔 2018/7/6 3 King&Pri…

SixTONESと同期のタカラジェンヌ(メモ)

前回のエントリ*1で「亜種」として触れた、SixTONESが宝塚でいうと何期にあたるのか、という話。毎度「何期だったっけ……」ってなるのでメモ程度に残しておきます。友人によれば、タカラジェンヌの入団年の数え方はややこしいらしいけれど、細かいことはわか…

ヅカオタにジャニーズJr.を組み分けしてもらう遊び

思い出したようにハリーポッターの組み分け*1がバズるのを見ていると、オタクは組み分けが大好きだなあと思う。最近宝塚に接近している身としては、ジャニーズJr.を宝塚で組み分けしたら絶対に楽しい、しかし、まだ組ごとのカラーもあまりわからないにわかゆ…

ここ1週間のSixTONESと、「JAPONICA STYLE」という曲についての所感

11月5日、ジャニーズJr.チャンネルにて、SixTONESの「JAPONICA STYLE」のMVが公開された。 youtu.be SixTONESが、(日本のアーティストとしては初めて)YouTubeのアーティストプロモに選ばれた、という情報が飛び込んできたのは、10月29日の朝。布団にくるま…

SixTONES(+α)に歌ってほしい女性ボーカル曲を考える

突然だけど、私は男性が女性ボーカル曲を歌うのがとても好き。神経質そうな曲を歌うのが特にいい。堂本兄弟で堂本剛くんが椎名林檎の「ここでキスして。」を歌った映像を未だにときどき見返すくらいには好き。 ということで、SixTONESの面々に歌ってもらうな…

#オタクと手帳

お題「#オタクと手帳」 お題をつくりました そろそろ来年の公演予定が出てきた……ということで、2019年の手帳を購入しました。オタクの予定は半年前から押さえられている……。 さて、私は手帳が好きです。自分が使うのも、人の手帳を見るのも好き。毎年、手帳…

愛が欲しけりゃ――とにかくSixTONES「Amazing!!!!!!」を見てくれ

昨日、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルにアップロードされたこちらの動画、みなさんはもう見ましたか? youtu.be SixTONESのオリジナル曲、「Amazing!!!!!!」を横浜アリーナで披露したとき*1の映像。私は昨晩、「#はじめての繭期」配信で『グランギニョル…

独断と偏見で選ぶ、サブカル女に受けそうなジャニーズJr.・その1(SixTONES・松村北斗くん編)

こういうタイトルをつけると、「そもそもサブカルってなんやねん」というところから始めないといけないんですが、ざっくり「オタク女」くらいの意味あいでとらえてほしい。 最近、Jr.にハマって以来、一人で踊り続けている。周囲の若手俳優オタクたちは、み…

SixTONESのサマパラに行って「アイドル」とは何かがわかった話

SixTONESのサマパラ*1に行ってから、彼らに対する見方が変わった。私はもともと、北斗くんのビジュアルから入って、SixTONESのパフォーマンスでオチたクチである。(短い間にせよ)これまでに彼らのいろいろな姿を見てきたけど、基本的には「かっこいい」「…

新規がSixTONESのサマパラに行ってきたよ

ジャニーズJr.をウォッチし始めて早半年と少し。*1なんやかんやで、先日のSummer Paradise 2018 SixTONES公演に行ってきました。入ったのは28日の夜公演。立見席だったけど、見れるだけで万々歳ということで……。取り急ぎ感想をば。 さて、ジャニーズのライブ…

永遠の箱庭の終わりに思いを馳せる(ポエム)

少し早めの夏休みで、この台風で予定が流れてしまって、ぼんやりと色んなことを考えたり、考えなかったりしている。 悪趣味は重々承知だけど、ジャニーズJr.を「永遠の箱庭」みたいに楽しんでいる節がある。アイドルたちの瞬間瞬間があまりに美しく、いとお…

「ザ・少年倶楽部」放送曲リスト(2018年上半期)

前置き 少クラを視聴し始めてからちょうど半年経ちました! もともとそんなにピンと来ていなかったユニットも、知れば知るほど面白くなってきて、順調にDDになりつつあります。 さて、半年分たまると「これ見たいけどいつのだっけ?」ということも増えてくる…

とにかく「お兄ちゃん、ガチャ」を見てトイくん≒岸優太くんを好きになってください(という名の感想文)

はじめに King&Princeのみなさん、デビューおめでとうございます! みなさんの益々のご活躍を願っております。デビュー曲「シンデレラガール」は本当に良い曲なのでいっぱい売れてほしい。わたしもささやかながら売上に貢献いたしました。 さて、今回は、キ…

第2回 ジャニーズJr.への招待 ~引き続き少クラを見ている編~

先日、このようなエントリを書きました。 tsukko10.hatenadiary.jp ひと月ほど経って、最近は自室にTVを導入した*1ことも手伝って、見事に録画した少クラばかり見ています。当たり前に同じパフォーマンスですが、毎度見ても新しい発見があるので、何度見ても…

お皿を割ってしまうなら、割れないお皿を買えばいい/映画『未成年だけどコドモじゃない』

misekodo.jp 何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平祐奈)が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは“結婚”!しかも、親の決めた結婚相手は、香琳の初恋の相手で学校イチのイケメン・鶴木尚(中島健人)だった!幸せな結婚生活を夢見る香琳…しかし…

ジャニーズJr.への招待~とりあえず少クラを見てみる編~

今年の目標:ジャニーズJr.を覚える 先日、Sexy Zoneの「ぎゅっと」にノックアウトされてこんなエントリを書きました。 tsukko10.hatenadiary.jp そこからSexy Zoneのことが気になって少しずつ情報を集めているところで、彼らがレギュラー出演している少クラ…

「ぎゅっと」一曲で菊池風磨くんにメロメロになった話

あけましておめでとうございます。珍しく、よくある感じのタイトルをつけてみました。タイトル通り、いまものすごい勢いでハマっている、Sexy Zoneの「ぎゅっと」という曲の歌詞とその作詞に携わった菊池風磨くんの話をします。 菊池風磨くんに関してはこれ…